天本 レオ一覧

  • 39億5000万年前の生命の痕跡を発見と東大が発表

    39億5000万年前の生命の痕跡を発見 東大が発表

    東京大学の小宮剛准教授らのグループが、39億5000万年前の生命の痕跡を発見したと29日付の英科学誌『ネイチャー』で発表した。生命の起源を解明する可能性を秘めているという。 これまで、グリーンランド南西部のイスア地…
  • 巨大な巻き貝が、サンゴ礁を救うために参戦

    ホラガイでサンゴ礁を救え! オーストラリア政府が研究資金提供

    世界最大のサンゴ礁であるグレートバリアリーフをヒトデの被害から守るため、ヒトデの天敵である巨大な巻き貝を繁殖させて海に放つという計画を、オーストラリア政府が18日に発表した。 「サンゴ礁2050年計画」の下でのコミ…
  • 地球温暖化で今世紀末にアジアの氷河の多くが消失か

    地球温暖化で今世紀末にアジアの氷河の多くが消失か

    地球全体での気温上昇が1.5℃に抑えられたとしても、アジアの高山地域では2.1℃の温暖化となり、同地域の氷河の氷質量は今世紀末までに57~71%しか残らないだろう――。このような研究結果を14日、オランダのユトレヒト大学…
  • 総務省、今月からIoT機器の実態調査を開始

    総務省、今月からIoT機器の実態調査を開始

    総務省は5日、一般社団法人ICT-ISAC、国立大学法人横浜国立大学などと連携し、インターネットに接続されたIoT機器の実態調査を今月から開始すると発表した。 サイバー攻撃の対象になりやすい脆弱なIoT機器を特定し…
  • 大型太陽フレア観測 通常の1000倍の爆発

    大型太陽フレア観測 通常の1000倍の爆発

    情報通信研究機構(NICT)は7日、太陽面中央西寄りに位置する黒点群でXクラスの太陽フレアを6日に2回観測したと発表した。太陽フレアとは、太陽の表面で起きる爆発現象。今回1つ目は午後5時50分に発生し、同クラスとしては2…
  • 9月1日、小惑星フローレンスが地球近くを通過 NASA

    米航空宇宙局(NASA)は現地時間18日、巨大な小惑星が9月1日に地球の近くを通り過ぎると発表。衝突の危険はなく、安全であるとしている。地球と月の距離のおよそ18倍にあたる約700万km離れたところを通過するという。 …
  • ホンダジェット、2017年上半期の小型ジェット機分野で出荷数世界一を達成

    ホンダジェット、2017年上半期の小型ジェット機分野で出荷数世界一を達成

    ホンダの航空機事業子会社である米ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI)は、同社の「ホンダジェット」が小型ジェット機の分野において、今年上半期(1~6月)の出荷数で世界一になったと発表した。一般航空機製造業者協会(G…
  • ヘリカル型でプラズマ中のイオン温度1億2000万度を達成 核融合科学研究所

    ヘリカル型の核融合炉実現へ 1億2000万度の温度条件を達成

    自然科学研究機構の核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は、世界最大級の核融合プラズマ実験装置である大型ヘリカル装置(LHD)を用いた重水素ガスによる実験で、プラズマ中のイオン温度1億2000万度を初めて達成したと9日に発表し…
  • 温室効果ガス対策をしない場合、2100年には南アジアで人が生存できなくなる?

    温暖化対策しない場合、2100年には南アジアで人が生存できない可能性

    米マサチューセッツ工科大学のエルファチ・エルタヒア教授らは、温室効果ガス対策をせずに放置した場合、今世紀末に南アジアのいくつかの場所では人間が生存できなくなり、多くの場所で危険なレベルになるという予測結果を発表した。2日…
  • 月の内部に大量の水が存在

    月の内部に大量の水が存在 米ブラウン大

    米ブラウン大学のラルフ・ミリケン准教授らは、インドが2008年に打ち上げた月周回探査機「チャンドラヤーン1号」によって得られた観測データを解析したところ、水を含む堆積物が月面に広く分布していることから、月の内部に広い範囲…
  • 外来植物「メリケントキンソウ」にご注意

    先日、千葉県柏市の「手賀の丘公園」を訪れた。昨年も同じ時期、同じ場所に来ていたが、昨年とは異なる点があった。子どもたちと駆けっこ勝負をする際、サンダルでは十分に走れないと裸足になったら、数歩で足の裏に痛みを感じたのだ。足…
  • メダカのメスは、顔なじみのオスを見分けている

    メダカが「顔」認識 メスは顔なじみのオスを見分ける

    岡山大学の竹内秀明准教授と東京大学の王牧芸特任研究員は、メダカの個体識別能力を調べる中で、人間と同様にメダカがほかのメダカの顔を認識して見分けていることを発見した。科学論文のオープンアクセス誌『イーライフ(eLife)』…
  • 湯島天満宮で夏越の祓が始まる1

    湯島天満宮で夏越の祓が始まる

    今年も湯島天満宮(東京都文京区)では「夏越(なごし)の祓(はらえ)」が始まった。茅(ち)の輪をくぐることによって夏の暑さから身を守り、心身の健康を祈念する日本古来の神事。この茅の輪は6月20日から30日まで、湯島天満宮内…
  • 上野公園でハスの花が咲き始め

    上野公園でハスの花が咲き始め

    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、海外からの観光客らがカメラを構え、緑の中に覗く美しいピンク色の花を写真に納めていた。 ハスの花は早朝からゆっくり咲…
  • NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見

    NASA、新たに10個の地球型系外惑星を発表 ケプラー宇宙望遠鏡チーム

    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表した。そのうち10個は地球に近い大きさで、惑星表面に水が液体で存在可能な温度となる「ハビタブルゾーン」を周回しているとい…
  • 30万年前のホモ・サピエンスの化石をモロッコで発見

    30万年前のホモ・サピエンスの化石 モロッコで発見

    現在確認されている中で最古となるホモ・サピエンスの化石がモロッコで発見され、これによりホモ・サピエンスの進化の歴史についての通説が覆される可能性が出てきた。英国自然史博物館地球科学部のクリス・ストリンガー氏とジュリア・ゴ…
  • 多くの恒星よりも熱い惑星を発見

    多くの恒星よりも熱い惑星 650光年先に発見

    米オハイオ州立大学のスコット・ガウディ教授らの国際チームが、多くの恒星よりも温度が高い太陽系外惑星(系外惑星)「KELT-9b」を650光年先に発見した。英科学誌『ネイチャー』で5日、発表した。 惑星の表面温度は、…
  • コンゴ民主共和国でのエボラウイルス病対策に日本の技術が貢献

    エボラ対策に日本の技術が貢献 JICA、コンゴに試作品提供

    エボラウイルス病が発生した中央アフリカのコンゴ民主共和国に対し、国際協力機構(JICA)は5月29日、エボラウイルス迅速診断キット(クイックナビシリーズ)の試作品400テストを引き渡した。特別な器具や装置を必要とせず、5…
  • Windows7などで「パソコンを操作できなくなるバグ」が見つかる

    Windows 7、8.1、Vistaで、特定の文字列を含む画像リンクを含んだウェブページをInternet Explorer(IE)でアクセスするだけで、パソコンの操作が一切できなくなるバグが見つかった。ロシアのセキュ…
  • VLCなどのメディアプレイヤーに脆弱性 悪質な字幕ファイルの読み込みで

    「字幕ファイル」でサイバー攻撃 VLCなどメディアプレイヤーに脆弱性

    イスラエルのセキュリティ会社チェック・ポイントは23日、「字幕による攻撃」という新たな攻撃方法を明らかにした。攻撃者が作成した悪質な字幕ファイルをVLCなどのメディアプレイヤーで読み込むと、一般的なストリーミングプラット…
  • 最古の人類はアフリカではなくヨーロッパだったのか?

    人類誕生の地 ヨーロッパの新説

    人類はアフリカで誕生したというのが現在の定説だ。しかし、南ヨーロッパのバルカン半島で発見された720万年前の化石を改めて分析した2つの論文から、最古の人類がヨーロッパに存在していた可能性が示された。どちらもドイツのエバー…

特集

ピックアップ記事

  1. 2020東京五輪仕様のナンバープレート 交付開始
    国土交通省は10日、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を記念した特別仕様ナンバープレート…
  2. 特別支援学校の生徒 発達障害のうち最も多いのは自閉症
    全国特別支援学校知的障害教育校長会(全知長)は3日、特別支援学校の課題と方策を明らかにするために実施…
  3. 過去10年でドイツのたばこ消費量が減少
    東京都議会は5日、子どもの受動喫煙を防止する条例案を賛成多数で可決した。公共スペースだけでなく家庭内…

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る