バーチャルリアリティはオンラインカジノ業界にどのような影響を与えますか?

オンラインカジノ業界はいつも新技術の最前線にいる。そして、今ネットカジノ界が注目しているのはVR(バーチャルリアリティー)である。 まずは、VRそのものについて説明しておこう。 VR:本物さながらの環境を、利用者の五感で体感できる技術・体系のこと。 「VR」と聞いて、人間がゴーグルをしてゲームなどをプレイする姿を想像する人は多いだろう。彼らは360°に広がる仮想空間を体感しているのである。 そういったゲームの他には、YouTubeの動画にも一部VR視聴に対応しているものがあるのが有名だ。 平成30年の夏頃には、オンラインカジノ界にもそのVRテクノロジーがついに導入される。 その口火を切るのは、ネットギャンブル業者に様々なカジノゲームを提供しているネットエント社だ。 実は平成29年の2月にはすでに人気ゲームの「ゴンゾーズ・クエスト(Gonzo’s Quest)」のVR版、その施策バージョンを公開している。 その試作版でも、もちろん最先端技術の高いクオリティは感じられた。 しかし、やや動作が荒いなどの難点があった。 そして、その部分が改良され、滑らかになり、よりカジノゲームの世界観に没入できるようになったのが、正式版にあたる「ゴンゾーズ・クエストVRオペレーター対応バージョン」である。実は、すでに今年の2月に行われたゲーム発表会にて公開されている。 一般人の我々がこれをプレイできるようになる夏を待ち遠しく感じている方々も多いだろう。 ちなみに、VR搭載のオンラインカジノスロットはこれが世界初だ。 さて、日本も常にテクノロジーの最前線にいる。オンラインカジノ企業にVRソリューションを提供する日本企業は現れるのだろうか。 日本にはVR関連事業に取り組んでいる企業がすでに500社を超えているという説がある。その中の企業が、VRオンラインスロットなどの開発に乗り出すことは大いに考えられる。 また、そもそも日本のVRの市場規模は加速度的に拡大しているし、日本のオンラインカジノプレイ人口も増えてきている。 つまり「オンラインカジノ企業にVRソリューションを提供する」ということは、成功を約束されたようなものなのである。 そして、日本を含めた世界の開発会社に特に求められているのは「ライブカジノ」のVR化であろう。 これが実現されれば自室でゴーグルを付けるだけで、リアルカジノをほぼそのまま体験できるようになるだからだ。 ネットエント社に負けていてはいけない。追い越すつもりで日本企業にも邁進してほしいものである。

多摩動物公園 ニホンコウノトリの繁殖、30年連続成功

多摩動物公園は11日、ニホンコウノトリのヒナ1羽が3月にふ化したと発表。これにより同園は今年で30年連続の繁殖成功となった。ふ化したヒナは順調に生育しており、子育ての様子はコウノトリ舎の大ゲージで観覧通路から見ることができる。 同園では遺伝的多様性管理を目的にニホンコウノトリの繁殖を行っている。1988年に日本で最初の飼育下での繁殖に成功して以来順調に繁殖が続いてきた。同園の活動は飼育下でのニホンコウノトリの個体数維持に貢献している。同園での飼育状況は11日現在で、オス29羽、メス25羽と、今回ふ化した1羽(性別不明)の合計55羽。なお、国内全体では18施設、197羽(オス102羽、メス95羽)が2017年2月1日時点で飼育されており、同園は国内の約4分の1を占めている。 ニホンコウノトリはコウノトリ目コウノトリ科。国際自然保護連合(IUCN)レッドリストでは絶滅危惧1B類で国の特別天然記念物。明治以前には日本でも一般的に見られた鳥だったが、乱獲や農薬等、環境の変化により野生のものは日本から姿を消した。

6月11日、多摩動物公園でタスマニアデビルに会える! アジアで唯一

多摩動物公園で飼育することになった絶滅危惧種「タスマニアデビル」が11日に一般公開される。お披露目会が10時半から開かれ、11時から一般公開。同日に記念講演会やスタンプラリーなどの関連イベントも行われる。タスマニアデビルを飼育する施設はアジアでは同園のみとなる。 オーストラリアのタスマニア州政府が2003年から保全活動に取り組み、その一環として2013年から海外の動物園がタスマニアデビルの飼育を通じた普及啓発活動を行うプログラムが始まった。多摩動物公園がこのプログラムの参加が認められ、今回の来園につながった。 今回、同園で飼育されることになったのは3歳のメス2頭。名前はマルジューナとメイディーナで、先住民族の言葉でそれぞれ「星」と「影」という意味だという。5月31日にタスマニア州のトロワナ・ワイルドライフパークから送られた。 タスマニアデビルは国際自然保護連合(IUCN)レッドリスト掲載の絶滅危惧種。オーストラリアのタスマニア島に生息しており、現存する肉食有袋類としては世界最大種で、頭胴長は約60cm、尾の長さは約25cm。夜行性で、黒い体色と集団で餌を食べる際に発する鳴き声から「デビル」と呼ばれたとされている。

「世界一美しい」スターバックス 富山環水公園店

運河沿いに佇む別荘のような、上品な雰囲気の建物がある。スターバックス富山環水公園店は「水と芝生が広がる公園内の憩いの場」をテーマにデザインされた店舗で、2008年には世界一美しい店舗としてストアデザインの最優秀賞を受賞している。全面に張られたガラスには青空が映り込み、緑の芝生と木目の建物が目をひく。自然と一体化した開放的なカフェでは、ゆったりとした時間が流れていた。 【店舗情報】 スターバックスコーヒー 富山環水公園店 住所:富山県富山市湊入船町5 富山富岩運河環水公園 電話番号:076-439-2630 開店時間:8:00~22:30 定休日:不定休

「クジラの歯みがき」公開 和歌山県くじらの博物館

和歌山県太地町立くじらの博物館では、6月4~10日の歯と口の健康週間に合わせ、「クジラの歯みがき」の様子を毎年公開している。 トレーナーによる歯みがきの様子を公開するのは、同館のコビレゴンドウ、オキゴンドウ、ハナゴンドウというイルカサイズの3種類のクジラ。クジラの歯は、食性の違いから種類により歯の数や大きさが異なり、その種類ごとに異なる歯の特徴も紹介する。 イベント初回の1日には地元の太地こども園の園児たちを招待し、トレーナーとともに歯みがきを体験。園児たちはクジラの種類によって歯が異なることに驚き、また「歯みがきを頑張りたい」という反応も。同館では「この機会に、歯と口の健康について再認識して頂くと共に、種類ごとに異なる歯について興味をもって頂ければ幸いです」とコメントしている。 イベントは1日3回のクジラショーの後で約10分程度。11日まで行われる。 【施設情報】 太地町立くじらの博物館 和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2 http://www.kujirakan.jp/ TEL:0735-59-2400 開館時間:8:30~17:00(年中無休)