野生ゴリラの生息数、壊滅的に激減 77%減少でわずか3800頭に

世界最大の霊長類であるグラウアーゴリラ(ヒガシローランドゴリラ)の生息数が激減していることがわかった。このまま保全措置を取らなければ、あと5年ほどで絶滅してしまうかも知れない。米国の野生生物保護協会(WCS)のアンドリュー・プランプトリ氏らによる論文が、19日に米科学誌プロスワンに掲載された。 20年で77%減少 グラウアーゴリラの生息域は、コンゴ民主共和国(DRC)東部のカフジビエガ国立公園に限定される。1994年のルワンダ大虐殺により、数十万人の難民がDRCに押し寄せ、1996~2003年にはDRCで内戦が生じた。ゴリラの生息範囲にもいくつかの武装グループが存在し、彼らはゴリラを含む野生動物を狩猟して食用としたり、他の地域に密輸したりした。ゴリラは法律で保護されていたが、その体の大きさと、チンパンジーなどの他の大型霊長類に比べて地上を移動するため追跡しやすく、銃で比較的容易に殺すことができたことから、野生動物の肉として珍重された。また、同時に武装グループにより森林も破壊された。その結果、内線が始まる前の1994~1995年の調査で1万6900頭と推定された野生のグラウアーゴリラの数は、2011~2015年の調査では、わずか3800頭と推定され、77%の減少となった。 ゴリラ属全体が「深刻な危機」に マウンテンゴリラとグラウアーゴリラは、いずれもヒガシゴリラの亜種だ。国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会(SSC)が提供する「絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト」のカテゴリーでは、マウンテンゴリラは、絶滅危惧の「深刻な危機(CR)」に分類されている。グラウアーゴリラは、これまで絶滅危惧の「危機(EN)」に分類されていたが、今年度版で「深刻な危機(CR)」に更新された。「深刻な危機(CR)」に分類されるのは、3世代かけて80%以上減少した場合。一般的にゴリラは30~40年生きるが、グラウアーゴリラは平均で1世代が20年である。今回の結果は、1世代だけで少なくとも77%減少したことを示している。 マウンテンゴリラとグラウアーゴリラのどちらも「深刻な危機(CR)」となったことで、ヒガシゴリラ種全体としても「深刻な危機(CR)」に分類された。また、ニシゴリラ種は2007年から「深刻な危機(CR)」に分類されていたため、結果として、ゴリラ属全体が「深刻な危機(CR)」に分類されることとなった。 グラウアーゴリラの壊滅的な衰退を逆転させるには、かなりの努力が必要となる。たとえば、現在でも鉱山労働者は、彼らのキャンプ周辺の野生動物の肉で生計を立てているため、保護地域内での採掘を停止する必要がある。このため、著しく大きな保護の取り組みがなされない限り、あと5年ほどでグラウアーゴリラが絶滅する可能性がある。 画像提供:ウィキペディア(カフジビエガ国立公園)

ドイツ人口の5人に1人はルーツが外国人

ドイツ連邦統計庁の発表によると、ドイツの人口の5人に1人は外国人のルーツを持っており、この割合は若年層になるほど多くなることが明らかになった。16日付のフランクフルターアルゲマイネ紙オンライン版が伝えた。 この統計で定義される「外国人のルーツを持っている」とは、本人、または両親の少なくとも一方が出生時にドイツ国籍を持っていなかった場合を指し、この中にはドイツ生まれの場合と、外国で生まれてドイツに移民した場合の両方が含まれる。なお、昨年ドイツは大勢の難民を受け入れたが、まだ正式に難民申請が認可されていない第一段階の受け入れ状態にある難民は今回の統計に含まれていない。 ドイツの人口に占める外国人のルーツを持つ人の割合は、5人に1人に当たる20%で、1710万人に上る。これは昨年比で4.4%増加しており、過去最高の数字を記録。年齢層別では未成年だとさらにこの割合が増えて3人に1人が外国人のルーツを持っている。一方で、年金生活者の場合はこの割合は減り、10人に1人以下であることが明らかになった。 「外国人のルーツ」の中で最も多い国はトルコ、ポーランド、ロシアの3カ国。さらにトルコと並んで多くのガストアルバイターと呼ばれる外国人労働者をドイツに送り出したイタリア、ギリシャ出身者も多くを占めている。 (写真はイメージ)

日本科学未来館でノーベル賞イベント、発表の瞬間の生中継も

日本科学未来館は、今年ノーベル賞受賞が予想される研究者・内容や歴代の受賞内容を紹介するイベント「どうなる!? どうなった!? 2016年のノーベル賞」を18日から10月31日まで開催する。10月初旬に2016年のノーベル賞が発表されるのに合わせ、自然科学3賞(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)について、歴代受賞者と今年予想される受賞内容やその波及効果を紹介する。 今年のノーベル賞の発表は、生理学・医学賞が10月3日、物理学賞が4日、化学賞が5日に行われる。受賞者発表前は、同館の科学コミュニケーターが予想する「受賞にふさわしい人・テーマ」について、発表後は今年の受賞者とその対象となった研究について、パネル展示とサイエンス・ミニトークで紹介。発表当日には、インターネット番組「ニコニコ生放送」で、同館の科学コミュニケーターが各賞の近年の傾向や今年の予想などを解説する。 【施設情報】 日本科学未来館 東京都江東区青海2-3-6 TEL:03-3570-9151 ホームページ:http://www.miraikan.jst.go.jp 開館時間:10:00~17:00 火曜日・年末年始休館

花便り~ネコヤナギ

銀白色の毛衣をまとって、見ているだけでも温かくなりそうなこの枝、ネコヤナギ。 尾のような花穂がネコのしっぽに見えるところからこの名がついたといわれるが、花を小犬の尾にたとえた「狗尾柳(エノコロヤナギ)」という別名もある。北海道から九州まで広い範囲の河川敷などに自生している。 この毛の中には何が入っているのか、ずっと気になっていたが、実はこれがこのまま花となる。雌雄異株で、3~4月ごろ、雄株と雌株がそれぞれ毛に覆われた雄花と雌花を咲かせる。ヤナギ科の植物は解熱や鎮痛などの薬効があり、古くからかぜの症状などに用いられていた。 まだ寒い日が続くが、部屋に飾り、目に温かくするのもいい。水に生けたこの枝から根が生えてくることもあるという。ネコと呼ぶかイヌと呼ぶかは、どうぞご自由に。   花言葉:自由、努力が報われる、親切、思いのまま ネコヤナギ(猫柳):柳(ヤナギ)科ヤナギ属の落葉低木

QSアジア大学ランキング、東大13位にダウン 国際性がネック

英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)は15日、アジア大学ランキングを発表した。1位は3年連続でシンガポール国立大学(NUS)、2位は2年連続で香港大学となった。日本の大学は、東京大学が昨年から1つ順位を落として13位、東京工業大学が1つ順位を上げて14位、京都大学が15位、大阪大学が17位となった。例年と同様、東大をはじめ、日本の大学は国際性に関係する指標で上位の大学に差をつけられる結果となった。 評価指標は、昨年と同様「研究者による評価」(30%)、「雇用者の評価」(20%)、「教員と学生の比率」(15%)、「論文引用数」(10%)、「教員あたりの論文数」(10%)、そして「国際性」に関係する「外国人教員比率」「留学生比率」「交換留学生受け入れ比率」「交換留学生送り出し比率」の4つ(ともに2.5%)。今年はそれに「博士号をもつ職員の比率」(5%)が追加された。 東大は「研究者による評価」と「雇用者の評価」では他の上位校と同様に100点満点を取っており、評判に関してはトップレベルであるといえる。一方、国際性に関する4指標は100点満点中それぞれ24.4点(154位)、54.0点(64位)、11.7点(122位)、9.3点(168位)と、例年同様に振るわない結果となった。「交換留学生受け入れ比率」は点数、順位ともに昨年より改善されたものの、他の3指標は下がった。京大や阪大も同様に国際性で上位校に差をつけられている。 今回大きく躍進したのは中国の清華大学で、昨年の11位から5位に上がった。近年の国際化が功を奏しているといえる。今年は奨学金付き修士プログラム「シュウォースマン・スカラーズ・プログラム(Schwarzman Scholars Program)」を開始し、国内外から優秀な人材を迎え入れようとしている。 トップ20は以下の通り。   なお、アジア大学ランキングは英国の高等教育情報誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』も毎年出しており、同ランキングでは東大は例年1位となっている。2016年版は21日に発表される予定

ドイツの食堂から豚肉メニューが消える…?イスラム教徒への配慮に賛否両論

ドイツ北部のシュレスヴィヒ=ホルシュタイン(SH)州議会で、公共食堂での豚肉メニューをめぐる論議が持ち上がっている。3月1日付の南ドイツ新聞オンライン版が伝えた。 近年ドイツで増加するイスラム教徒の移民に配慮して、学校や保育園の食堂メニューから豚肉を外すケースが増えている。豚はイスラム教徒にとって不浄のシンボル。しかし豚肉料理はドイツの食文化に欠かせない代表的なメニューだ。 SH州議会では保守政党キリスト教民主同盟が、「学校や保育園の食堂に、今後も豚肉メニューを積極的に採用すべき」とし、「イスラム教徒に限らず、ベジタリアン、ヴィーガンなどの少数派が、多数派の食習慣を妨げるべきではない」と主張している。 同様の議論はこれに先駆けてデンマークでも起こっている。デンマークの人口6万人の自治体、ラナースでは1月末、「公共の食堂では豚肉メニューを提供しなければならない」との決議が、右派ポピュリスト政党デンマーク国民党の主導で成されている。 *ヴィーガンとは、ベジタリアン(菜食主義者)のうち、肉や魚のほかに、卵、乳製品、はちみつなど、動物由来の食品も摂らない人のこと。   豚肉料理はドイツの食文化と切っても切れない存在だ

東大、アジアトップから転落 THE世界大学ランキング

英国の教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』が9月30日、国際的にもっとも権威があるとされる「世界大学ランキング2015-2016」を発表した。日本勢では昨年23位だった東京大学が43位、昨年59位だった京都大学が88位と、共に大きくランクを下げた。一方、昨年25位だったシンガポール大学が26位、昨年48位だった北京大学が42位で、東京大学はアジアトップの座を奪われた形だ。その他100位以内のアジア勢は、香港大学が44位、清華大学が47位、南洋理工大学(シンガポール)が55位、香港科技大学が59位、ソウル大学(韓国)が85位。 日本政府は昨年6月に示した「日本再興戦略」で、「今後10年間で世界大学ランキングトップ100に10校以上を入れる」ことを目標として掲げていた。文部科学省もこれを受けて昨年9月、大学の国際競争力を高めるために重点的に財政支援する「スーパーグローバル大学」37校を選び、このうち東京大学や京都大学など13校については世界大学ランキング100位以内を目指す「トップ型」として、2023年度までの10年間に1大学当たり最高約4億2千万円の補助金を毎年支給することを決めている。そのため、トップ型に認定した13校のランキングが注目されていた。 東京大学と京都大学を除く残りのトップ型11校のランキング結果は、201位から250位に東北大学と東京工業大学、251位から300位に大阪大学、301位から350位に名古屋大学、351位から400位に九州大学、401位から500位に北海道大学、東京医科歯科大学、筑波大学、501位から600位に広島大学、慶應義塾大学、601位から800位に早稲田大学。 その他の800位までの日本勢は、401位から500位に東京都立大学、九州工業大学、501位から600位に金沢大学、大阪市立大学、東京農工大学、601位から800位に千葉大学、愛媛大学、岐阜大学、順天堂大学、近畿大学、神戸大学、熊本大学、長崎大学、新潟大学、岡山大学、大阪府立大学、埼玉大学、信州大学、昭和大学、上智大学、東海大学、徳島大学、東京海洋大学、東京理科大学、鳥取大学、豊橋技術科学大学、横浜市立大学、横浜国立大学。 なお、トップ10は大きな変動がなく、1位は5年連続でカリフォルニア工科大学(米国)。2位はオックスフォード大学(英国、昨年3位)、3位はスタンフォード大学(米国、同4位)、4位はケンブリッジ大学(英国、同5位)、5位はマサチューセッツ工科大学(米国、同6位)、6位はハーバード大学(米国、同2位)、7位はプリンストン大学(米国、同7位)、8位はインペリアル・カレッジ・ロンドン(英国、同9位)、9位はチューリッヒ工科大学(スイス、同13位)、10位はシカゴ大学(米国、同11位)。 (九州大学と九州工業大学の順位を訂正しました。2015.10.10)

多様なアメリカの名字 1位スミスも人口の1%未満

名字・名前情報のシステムなどを手がけるリクルーティングスタジオ(千葉県市川市)は4日、同社が運営するサイト「名字由来net」で、米国に多い名字のランキングを発表した。1位はスミス(Smith)となったが、米国内でおよそ237万6000人で、全人口の0.88%。米国の名字が多様性に富んでいることが分かった。2位はジョンソン(Johnson)でおよそ185万7000人、3位はウィリアムズ(Williams)でおよそ153万4000人だった。 同ランキングでは100位まで発表している。トップ10は以下の通り。   同調査は、米国商務省国勢調査局のデータをもとに同サイト独自に調査、集計したもの。同サイトでは他に中国、韓国、ドイツ、ロシアなど10カ国の名字ランキングを既に発表している。 なお、同サイトによる日本の名字ランキングでは、1位の「佐藤」は189万3000人で、日本の人口(※)の約1.5%である。これと比較しても、米国の名字の多様性が伺える。 ※総務省統計局によると、2016年1月1日現在の日本人口概算値は1億2682万人。