Recent News

冥王星のクジラ模様は、カロンができた際の痕跡か

米航空宇宙局(NASA)の探査機ニューホライズンズが、今年7月に冥王星のすぐそばを初めて通過し、詳細な写真が撮影された。白いハート型の平原が話題になり、またその横に広がる黒褐色の領域(通称クジラ模様)も明らかになった。このクジラ模様は、冥王星の衛星カロンができた際の衝突時の痕跡かもしれない――。日本惑星科学会2015年度秋季講演会で10月15日、東京大学の関根康人准教授らが報告した。 カロンの質量は冥王星の10~15%もあり、カロンの直径は冥王星の51%もある。そのため、地球の月と同様に、カロンも冥王星への巨大衝突によってできた衛星ではないかと考えられている。2005年に米サウスウエスト・リサーチ・インスティチュートのロビン・キャヌプ博士が、シミュレーションでこの可能性を示したが、具体的な証拠はなかった。 関根准教授らは、カロンができた時の巨大衝突によって冥王星表面の氷物質が一時的に広範囲で溶け、表面にあったホルムアルデヒドやアンモニアなどが溶液中で反応を起こし、黒褐色の高分子有機物となったと考えた。そこで、50度、100度、200度の条件下で、各10分、2時間、20時間、8日間と加熱時間を変えて実験した。加熱時間は衝突の激しさに比例する。   その結果、冥王星では50度ほどの温度が8日間に渡って維持されるような巨大衝突時にのみ、褐色の高分子ができることがわかった。さらに、衝突時の様子をシミュレーションしたところ、飛び散った高温の物質は実際のクジラ模様のように赤道に長く広がり、分布する様子が示されたという。ニューホライズンズからの更なる観測データと突き合わせることで、さらに具体的に確認していけそうだ。 画像提供:(冥王星)NASA、(実験写真)関根康人准教授

世界のエネルギー消費量は減少している  米国エネルギー情報局

さまざまなテクノロジーが発達する現代。それを動かすために必要なエネルギーを、果たして世界は効率的に使っているのだろうか。 この疑問に対する一つの回答として、今年7月12日、米国エネルギー情報局(EIA)は、GDP 1ドルを生産するために消費するエネルギー量である「エネルギー・インテンシティ(Energy Intensity)」が世界的に、1990年から2015年の間におよそ3分の1減少していると発表した。 国・地域間で異なるエネルギー消費傾向 EIAによると「エネルギー・インテンシティの減少は、より経済の発展しているOECD加盟国と、それ以外のOECD非加盟国の両方、つまり世界のほぼ全地域で起きている」が、経済構造、気候および地形のようなさまざまな要素が影響しており、国や地域間で差があるという。たとえば、製造業主体の経済はサービス業主体の経済より、GDP 1ドルを生み出すためにより多くのエネルギーを使う傾向にある。また、温度変化が大きい国や地域では、暖房や冷房により多くのエネルギーを使う傾向がある。都市間およびその中のインフラ間の距離が、物資や人を運ぶために使われるエネルギーに影響を及ぼしているという。 経済活動の形態で変わるエネルギー利用 またEIAは、「歴史的に、OECD非加盟国のエネルギー・インテンシティレベルはOECD加盟国より高い」と指摘。多くのOECD非加盟国では、経済は工業化を中心に成り立っており、エネルギーの利用形態はより「エネルギー集約型」となっているという。それに対し、多くのOECD加盟国ではエネルギー集約型の製造業への依存からエネルギー・インテンシティの低いサービス業を主体にした経済活動に移行してきたため、2015年の推計では、OECD加盟国のGDP 1ドルあたりのエネルギー消費量は、OECD非加盟国と比べて平均で12%低かった。 消費エネあたりの経済生産、伸び率は中国が最大 EIAは、エネルギー・インテンシティと逆に、消費エネルギーあたりの経済生産金額を示す「エネルギー生産性(Energy productivity)」という指標でも説明している。エネルギー生産性は、1990年から2015年の間に中国が133%と最も大きい上昇を示しており、「経済生産金額の大きな伸びが、エネルギー消費の上昇の2倍以上となったからだ」と説明。同じ期間に米国は、あらゆる領域における改善の結果、エネルギー生産性は58%増にとどまっているという。 なお、EIAの報告における日本のデータに注目してみると、「国および地域別のエネルギー生産性」のグラフ中の日本の値は、20%増となっている。伸び率としては上記の中国や米国に及ばないが、1990年時点での日本のエネルギー生産性の値は、既に2015年における中国および米国を上回っていることがわかる。    

蜜入りリンゴ 甘さの秘密は香りにあり

蜜入りのリンゴといえば、その蜜が甘くおいしいと考えられてきたが、その考えを覆す結果が発表された。農研機構・中央農業総合研究センターの17日付発表によると、蜜入りのリンゴと蜜のないリンゴとでは、糖の量や甘味度の差はほとんどなく、おいしく感じる理由はその香りにあるという。 同機構は、小川香料及び、青森県産業技術センターりんご研究所と共同で、蜜入りリンゴに香気成分として多く含まれる「エチルエステル類」が、リンゴの風味をよくするための重要な成分であることを明らかにした。 エチルエステル類とは、エタノールと脂肪酸が縮合(エステル結合)して生成する化合物のことで、果物や花の甘い香りのもとになっていることが知られている。 糖度に差のない蜜入りリンゴと蜜無しリンゴで官能評価をすると、蜜入りのほうが香りが強く、香りを感じないように鼻をつまんだ状態で試食すると、味の強さに差はなかったという。 欧米では、貯蔵性が低いため生理障害(栄養分の過不足による障害)として扱われるという蜜入りリンゴ。アジアや国内では、「甘くておいしい」と人気があるが、糖度などを調べても蜜のないリンゴと差がないケースが多く、人気の理由は謎とされていた。これまで果物の「おいしさ」は糖含量や糖度が指標とされてきたが、この研究によって香りの重要性が明らかになり、今後、香りに着目したおいしさの指標や新品種の改良、貯蔵技術の向上に役立つことが期待される。 この結果は、15日付け「日本食品科学工学会誌」に掲載された。