カテゴリー:特集

  • 四国ローカル線の旅(3)松山から予讃線で香川へ

    四国ローカル線の旅(3)松山から予讃線で香川へ

    松山から再び予讃線に乗って香川県に向かった。青と黄色で彩られたかわいらしい駅舎を通り過ぎ、タオルで有名な今治市を通過し海沿いを走る。 高知から愛媛にかけては山間を縫うように列車が走っていたが、香川に入ると平らな農村…
  • 仏ストラスブールのチーズレストランで食べるラクレット

    仏ストラスブールのチーズレストランで食べるラクレット

    ドイツ、スイスと国境を接するフランス東部アルザス地方は、ヨーロッパ各地のおいしいものが集まる美食の宝庫。そんなアルザスの中心都市ストラスブールで見つけた、チーズ専門レストランを紹介したい。 「ラ・クロッシュ・ア・フ…
  • 四国ローカル線の旅(2) 坊ちゃん列車で松山市内めぐり

    松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市街地へ向かって歩き出す。一見、いたって普通の街並みのように見える松山市街。しかし、そこを走る坊ちゃん列車を目にすると、瞬…
  • 国際生物多様性の日

    国際生物多様性の日、地球のことを考える日に

    5月22日は国連が定める生物多様性の日だ。地球環境問題が深刻化する現在、節目となるこの日に、改めて生物多様性について考えてみたい。 生物多様性とは 生物多様性とは、地球上の長い歴史の進化の過程の中で生まれた、30…
  • 多摩動物公園でニホンコウノトリの繁殖を30年連続で成功

    戦時下ドイツでチフス治療に献身 肥沼信次を題材に公演

    今年、市制100周年を迎える東京・八王子市。この地域を中心に活動しているおもてなし国際協議会が13日、演劇公演「ピースフェスタ2017 平和のメッセージ~過去から未来へ~」を開催した。公演のテーマは、戦時中のドイツで発疹…
  • 四国ローカル線の旅(前編)

    四国ローカル線の旅(1)四万十川〜瀬戸内海沿いを走る

    5月初旬、四国を訪れた。今回はさまざまな電車を乗り継いで四国を4分の3周ほど移動した。その中で出会った四国のローカル線を紹介する。 四万十川の鉄道~予土線~ JR予土線は高知県四万十市と愛媛県宇和島市を結ぶJR四…
  • AI活用時代 子どもに必要な学びとは? 東京学芸大とリクルートがシンポジウム開催

    AI社会で「生きる力」とは? 学芸大とリクルートがシンポ開催、大学院設置も

    東京学芸大学とリクルート次世代教育研究院が14日、共同研究プロジェクトEDUAI(AI×教育プロジェクト)の記者会見を実施。今後、人工知能(AI)など先端技術を活用した教員養成大学院設置に向けて民間企業との連携を拡大して…
  • 今年の「母の日」は何を贈る? 当日購入できるeギフトなど多様化

    今年の「母の日」は何を贈る? 当日購入できるeギフトなど多様化

    5月の第2日曜日は「母の日」、今年は今日5月14日だ。この時期は、街中やテレビや雑誌、ニュースやショッピングサイトなどで「母の日特集」が組まれ、店頭にはさまざまなプレゼントが並んでいる。今年の贈り物にはどんな傾向があるの…
  • 一杯の可否(コーヒー)に想いを込める 弘前「可否屋 葡瑠満」

    カフェめぐり 一杯に想いを込める 弘前「可否屋 葡瑠満」

    青森の弘前公園に来ると必ず立ち寄る隠れ家のような店「可否屋 葡瑠満(かうひいや ぶるまん)」。 ここの「可否」(コーヒーのことをここではこう呼ぶ)を一口すすってみてほしい。店主の繊細なこだわりが肌身に伝わる。満席に…
  • 子どもの読書週間 後編

    子どもの読書週間特集(後編)石井桃子〜世界の児童文学を日本へ〜

    石井桃子(1907~2008) 石井桃子は編集、翻訳、創作などの活動を通して、日本における児童文学の発展に寄与し続けた児童文学者である。日本女子大学を卒業後に編集者となり、山本有三を手伝って「日本少国民文庫」の編集に携…
  • 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト

    「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト

    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気を付けたいのは「熱中症」だ。この時期に合わせ、各機関が熱中症情報サイトを公開、日々の注意報や予防・対策などの情報を提供し…
  • 菜の花に包まれて いいやま菜の花まつり

    菜の花に包まれて 長野「いいやま菜の花祭り」

    春は花々が咲き香る季節。都心から少し足を延ばし、長野県飯山市の「第34回いいやま菜の花まつり」に訪れた。東京駅から北陸新幹線「はくたか」で2時間弱。飯山駅で周遊パスポート(1000円)を購入してバスに乗り、20分ほどで千…
  • 韻松亭 上野恩賜公園の老舗料亭

    上野恩賜公園の老舗料亭 韻松亭

    5月の連休、上野恩賜公園(東京都台東区)にある「韻松亭(いんしょうてい)」。 甘味処のように見える外観で、いつも人だかりができているこの店、実は明治政府が上野公園設立を計画した際に建てられた飲食店の1つで…
  • 世界遺産を訪れる フランス モン・サン・ミッシェル

    世界遺産を訪れる フランス、モン・サン・ミシェル

    フランス西部のサン・マロ湾に浮かび、毎年300万人もの観光客が訪れる、世界でも屈指の観光地として知られるモン・サン・ミシェル。今から1300年以上前に司教オベールの夢の中に大天使ミカエルが現れて「この岩山に聖堂を建てよ」…
  • 子どもに本を①

    子ども読書週間特集(前編) 山本有三〜子どもに本を〜

    4月23日~5月12日は、「こども読書週間」。これにちなんで、子どもと読書に関する2人の人物を紹介する。今日は前編として山本有三を取り上げる。 作家 山本有三(1887~1974) 『路傍の石』などで有名な作家。…
  • パラリンピック競技を体験 GWにイベント開催 東京都

    大型連休を楽しむ多くの人々でにぎわう東京・上野恩賜公園では6日から今日まで、パラリンピック競技を体験できるイベント「NO LIMITS SPECIAL 2017 上野」が開かれている。東京オリンピック・パラリンピック開催…
  • GWお出かけレポート 都内近郊「石老山」で山登り

    都心から気軽に行ける山登り 石老山(相模原市)

    3日、ゴールデンウイーク初日に山に登ろうと思い立ち、相模湖(神奈川県相模原市)の南東にある「石老山せきろうざん」へ。石老山は丹沢山地にあり、標高は694メートルで山頂地点702メートルの山だ。最寄りのJR中央本線相模湖駅…
  • 青森「弘前さくらまつり」7日まで 遅咲きの桜が見頃

    青森「弘前さくらまつり」7日まで 遅咲きの桜が見頃

    青森県弘前市の弘前公園で開催中の「弘前さくらまつり」では、遅咲きの桜が見頃を迎えている。 連休後半初日の3日には多くの地元の人たちや観光客が訪れ、園内はどこもにぎわっていた。現在、弘前城では約100年ぶりとなる大規…
  • 【ご当地自慢を探せ!】バターブレッツェル(ドイツ)

    ご当地自慢を探せ!(16)バターブレッツェル(ドイツ)

    外出時にお腹がすいた。しかし何かをゆっくり食べている時間がない。そんなとき、とっさに何を食べるのか?ミュンヘンを中心とするバイエルン州にいると、バターブレッツェルが選択肢の上位に入ってくる。 バターブレッツェルとは…
  • 新緑を樹上から体験! ツリークライミング

    新緑を樹上から体験! ツリークライミング

    5月に入り、新緑の美しい時期になった。野外で活動するには心地よい気温のこの時期に、ちょっと変わった方法で自然を満喫してみてはいかがだろうか。普段は体験できない、樹上からの自然体験活動「ツリークライミング」をご紹介したい。…
  • 門限に遅れ、27年間幽閉された大奥の筆頭 「絵島囲み屋敷」

    門限に遅れ、27年間幽閉された大奥の筆頭 「絵島囲み屋敷」

    春は絢爛な桜で有名な信州高遠城址公園に隣接している、伊那市立高遠町歴史博物館。ここの敷地には、大奥女中筆頭の「絵島」が幽閉された屋敷が復元されており、「絵島囲み屋敷」として公開されている。4月中旬、この場所を訪れた。 …

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る