カテゴリー:特集

  • 花便り~オカトラノオ

    山の中に、風にたなびく白い物体。最初は花だと気づかなかった。 形がトラのしっぽに似ているところから「トラの尾」と名がついた。花の穂がこのような形状のものを「~トラノオ」と呼ぶ。といってもトラのしっぽほど大きくも、長…
  • 花便り~ナンテン

    ナンテンの赤い実は知っていたが、この白い花がナンテンの花だとは知らなかった。古く中国から渡来したというこのナンテン、漢名の「南天燭(ナンテンショク)」からその名がついたという。日本ではナンテンが「難転」(難を転じる)や「…
  • 桜~お花見、その後で

    4月、その花の美しさに誰もが心を奪われた桜。葉桜という言葉もあるが、花、葉、だけでなく、その実も楽しむことができる。桜の実を指す「桜の坊」がサクランボと変化したとか。花を楽しんだ桜並木。これからはその可愛らしい実を探しな…
  • 花便り~マツバギク

    鮮やかなピンク。その多肉質な葉の緑も、また鮮やかだ。 松に似た葉と菊に似た花からその名がついたとされるこのマツバギク、南アフリカが原産だ。ギリシャ語の「正午の花」を意味するMesembryanthemum(メセンブ…
  • 花便り~オオキンケイギク

    綺麗な黄色、オレンジ色のコスモスだと思って何度もシャッターを切っていたが、ふと違和感を覚えた。何かが違う。よく見てみると葉の形が違うのだ。 北アメリカを原産地とするこの花は、1880年代に鑑賞用に日本に輸入され、帰…
  • マレーシアの黄金のスイーツ「ロティ・ティシュ」

    日本人の移住人気ランキングNo.1を誇る、知る人ぞ知る住みやすい国マレーシア。そんなマレーシアは、実はその地に住むマレー系、中国系、インド系、等各民族独自の料理がある上に、他民族の影響を受けて生まれた料理も多い、グルメの…
  • 花便り~コスモス

    初夏に咲くコスモスを見つけた。秋桜(アキザクラ)という和名は、花が秋に咲き、花弁の形が桜に似ているところからつけられたが、開花時期は6~10月。夏から秋にかけてと長い。原産はメキシコ。ヨーロッパへは17世紀末~18世紀初…
  • 海外在住者がもらってうれしいお土産 韓国編(2)

    前回の記事を書いてからというもの、もらってうれしい日本のお土産……が頭を離れず、筆者の身近な方々にも取材をしました。その結果、浮かび上がってきた「もらってうれしいお土産」を、今回はお届けします。 さて一人目は、私よ…
  • カエデ~紅葉以外の楽しみ

    カエデの並ぶ散策路。葉の色の美しさもさることながら、色鮮やかな可愛らしい実がついていることに気が付いた。葉の形が「かえるで(蛙手)」に似ているところからその名がついたといわれるこのカエデ。秋まで待たずとも、今からでも楽し…
  • 花便り~ヒメジョオン

    懐かしい花を見つけた。都会ではあまり見なくなったが、昔はいたるところで目にした、俗に貧乏草とも言われるこの花。一面に咲き誇っている姿に、その名前とはまた違った印象を受けた。 4~5月頃に咲くのはハルジオン。この時期…
  • 花便り<番外編>~カムロザサ

    黄緑色の鮮やかさに目が奪われた。花ではないが、今回はカムロザサを取り上げてみたい。「ササ」という名前がついているが、実はタケの仲間。葉が長く、春先は黄色の地に緑の筋が入るが、秋を過ぎると緑一色に変わっていく。 イネ…
  • 花便り~シバザクラ

    春、絨毯を敷き詰めたように一面に花が咲き、一瞬で心が奪われる。北アメリカ東部原産のシバザクラは、ハナツメクサ(花詰草、花爪草)とも呼ばれる。フロックス属のPhlox(フロックス)とは、ギリシャ語の「phlogos(炎)」…
  • 花便り~ヘビイチゴ

    黄色く小さい花も可愛らしいが、小さくて丸い赤い実もとても可愛らしい。 ノイチゴ(野苺)の一種、ヘビイチゴだ。「実が食用にならず、ヘビが食べるイチゴ」、「ヘビがいそうな所に生育する」、「イチゴを食べに来る小動物をヘビ…
  • ご当地自慢を探せ!(1)スタバはないけど、パン屋さんカフェがある!アウグスブルク

    「鳥取県にはスタバはないけどスナバはある」――。 6月3日付の同サイトにも掲載された、鳥取県の「勝手にスナバキャンペーン」。鳥取県知事の、鳥取県史に残るかの名言に刺激されて、NEWSALTもご当地自慢を探す旅に出てみま…
  • 花便り~ノースポール

    道沿いに白い花が並んでいた。マーガレットかと思いきや、よく見ると葉の形状が異なる。 ノースポール(北極)だ。花つきがよく、白い清楚な花が株全体を覆うほどに咲くところから北極の白い氷を連想させ、この名がつけられた。ア…
  • 花便り~ノバラ

    緑の森の中で白い花が目に留まった。イチゴの花に似ているが、これはノバラ。イチゴと同じバラ科である。英名はJapanese rose、原産は日本だ。日本原産の野生バラは10数種類あり、西洋に渡って園芸種の基礎となった。 …
  • 花便り~ナデシコ

    朝露に濡れたナデシコを見つけた。 ナデシコの花は6月~8月にかけて咲くが、秋の七草の一つとされる。花びらの縁がギザギザに切れ込んでいるのが特徴で、カーネーションもナデシコの仲間だという。わが「子」を「撫でる」ように…
  • 2015年6月、初夏の龍泉洞遊歩道

    龍泉洞(岩手県岩泉町)は日本三大鍾乳洞の一つで、国の天然記念物に指定されています。ドラゴンブルーと呼ばれる深い青色の湖と鍾乳洞がみられるここは、神秘な世界を体験できる希少な場所の一つかもしれません。 今回、その鍾乳…
  • 花便り~ハコベ

    「はこべら」。 せり、なずな、ごぎょう、ほとけのざ、すずな、すずしろとあわせて、春の七草のひとつ。天ぷら、お浸しなどにして食べることができる。ハコベ属に属するが、ハコベ属を指すStellaria(ステラリア)は、花…
  • 花便り~セイヨウテマリカンボク

     白い紫陽花のような、オオデマリとも似た花。2mを超す花の壁に圧倒されてしまった。  ビバーナム。園芸用にはスノーボールという名で店頭に並ぶ。葉は切れこみがあり、三つ葉状。秋には1cmの赤い実を結ぶ。ちなみに紫陽花…
  • 花便り~ヤマボウシ

     白い花が可愛いらしいヤマボウシ。  5月中旬~6月中旬頃、山野で枝いっぱいに咲く白い花が特徴的だ。白い花びらに見えるが、実は総苞片(そうほうへん)とよばれる葉であって、実際の花は4枚の総苞片の中心にある小さな緑の…

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る