カテゴリー:特集

  • 佐渡金山・続編 近代化の模範鉱山の役割を担った「道遊坑」に入る

    江戸時代に開発された手堀りの坑道「宗太夫坑(そうだゆうこう)」を以前紹介したが、約1カ月後に佐渡金山を再訪し、明治期の近代化から1989(平成元)年の操業停止まで使われていた坑道「道遊坑(どうゆうこう)」に入った。ここは…
  • 高さ30mの断崖絶壁と海岸美 佐渡の尖閣湾 揚島

    新潟県佐渡市、相川地区の尖閣湾、揚島遊園を訪れた。姫津から北狄までの海岸位ある5つの小湾を総称して「尖閣湾」と呼ぶ。高さ30mの絶壁からなる海岸が美しい。この日は波が荒々しく渦を巻いていて、迫力ある景観を楽しめた。コバル…
  • 断崖絶壁を覆う紅葉 絶景の鳴子峡 宮城県

    10月最後の週末、宮城県大崎市にある鳴子峡に紅葉を観に行った。高さ約100メートルの断崖絶壁から見下ろすV字の大峡谷は、大谷川の浸食によってつくられたという。奇岩と常緑の松の中に点在している紅葉。その彩色美は圧巻だ。これ…
  • 2015年10月21日は「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」

    2015年10月21日は、1989年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー 2』のタイムトラベルで向かった30年後の未来の日だ。その未来の日「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」も既に過去となったのだが、「映…
  • 東洋のマッターホルン「大源太湖」 紅葉がベストシーズン

    東洋のマッターホルン「大源太湖」 紅葉がベストシーズン

    紅葉のベストシーズンに、新潟県湯沢町の大源太湖を訪れた。湖を散策しながら希望大橋を渡ると、ここからの眺めがハイライトだ。大源太川をアーチ式のダムで堰き止めて造ったダム湖の向こうには優美な大源太山が望め、秋色に彩色されたま…
  • 東海汽船「東京湾岸夜景航路」で夜景クルーズを楽しむ

    東海汽船(東京都港区)は10月~6月の土日限定で、「横浜~東京」間の夜景クルージングを実施している。 横浜港大さん橋の国際客船ターミナルの中にあるチケットカウンターで乗船券を購入。事前予約の必要はなく当日購入が可能…
  • カフェめぐり 「トラットリア・イタリア」文京店編

    東京都文京区、文京グリーンコートの一角に「トラットリア・イタリア」文京店がある。遅めのランチタイムに訪れた。 店内に入るとすぐにピザを焼く石釜が目に入る。店内は吹き抜けで開放感があり、調度品も木のテイストで統一され…
  • 急勾配の険しい路線をひた走る、眺望列車「天空」

    秋晴れの10月、和歌山県の高野山から下る南海電気鉄道「天空」に乗った。まずは高野山駅からケーブルカーに乗り、標高867mから535mの極楽橋駅まで高低差332mを一気に下降。「天空」の乗車区間はここから19.8km先の橋…
  • カフェめぐり 高野山「西利」編

    和歌山県高野山の金剛峯寺を出て左手に少し歩くと、「西利」というカフェがある。高野山は弘法大師空海が開創して今年で1200年だからだろうか、店に入ると客のほとんどは旅人だ。ミルク紅茶と豆腐のケーキを注文した。カウンター席か…
  • 高尾山の新たな楽しみ ~高尾599ミュージアム~

    高尾599ミュージアムは、東京の西、高尾山の麓に今年8月に開館したばかりの新たな観光スポットである。京王線高尾山口駅から徒歩4分のところにあり、高尾山に登る前の情報収集や、下山後の休息の場として最適である。9月のシルバー…
  • カフェめぐり 伊勢内宮おかげ横丁「はいからさん」編

    爽やかな秋晴れの日、三重県伊勢内宮おかげ横丁の一角に、文明開化した明治時代のミルクホールを再現したカフェ「はいからさん」がある。伊勢に来ると必ず立ち寄る、私にとっての隠れ家のような店だ。 この日は遅い午後になってよ…
  • 花便り~ムラサキシキブ

    紫色の、お菓子のような小さい実がたわわに実っている。東京の核心地、霞が関でお目にかかれるとは思わなかった。 名前はムラサキシキブ。その名は源氏物語の作者「紫式部」からつけられ、紫色の実の清楚な美しさを、平安美人とう…
  • カフェめぐり 白山通り「UNDER THROW CAFE」編

    東京都文京区の白山通り、京華学園の真向かいに、レトロな佇まいのカフェがある。休日、朝食をここでとることにした。毎朝焼きたてのベーグルを提供してくれる。この日はりんごと紅茶のベーグルにクランベリーのクリームチーズディップ、…
  • 花便り~キンモクセイ

    甘い香りが部屋の中まで入ってくる。この香りも秋の楽しみのひとつだ。 オレンジ色の小さな花のキンモクセイ(金木犀)。中国南部の桂林地方原産といわれるが、中国語で「桂」は木犀のことを指し、「桂花」は雅な花という意味だと…
  • 東京のハイキングスポット高尾山

    高尾山は、ミシュランの日本版観光ガイドで三つ星にも選定された、東京の西、八王子にある標高599mの山である。ミシュラン選定の理由に「都心から近いにも関わらず豊かな自然が残っている山」と言われているように、都心から約50分…
  • 大迫力の奇岩「碁石海岸 穴通磯」

    東日本大震災後、4年半が経とうとしている、岩手県大船渡市の末崎半島東南側に位置する、碁石海岸を訪れた。ここは恐竜がいた白亜紀時代の岩石が太平洋の荒波に削られてできた奇岩と、美しい松林が調和を成している絶景の地だ。 …
  • 秋のお出かけ~知られざる重要文化財の宝庫 霞が関を歩く

    久々の晴天に誘われ、近場にお出かけしてみた。東京都千代田区霞が関、日本行政の中心地だ。散歩にちょうど良いこの時期、郊外に出るのでなく、日本の核心に攻め込んでみるのはいかがだろうか。 言わずと知れた国会議事堂。こ…
  • カフェめぐり 湯島の和カフェ「茶房松緒」編

    湯島天満宮の表鳥居を出ると、右手に「茶房松緒」がある。おだやかな秋の休日、ランチタイムに訪れた。のれんを開けて中に入ると、入り口に水場がある。 おすすめは何と言っても、限定20食だけ提供される「松緒昼膳」だ。注文す…
  • 「黄金の島」といわれた、佐渡金山の宗太夫坑に入る

    新潟県佐渡市にある「佐渡金山」には、江戸時代から1989年の資源枯渇による操業停止に至るまでの史跡が保存されている。佐渡金山の金は火山活動によって集まり、岩石の割れ目などに銀や銅の鉱物とともに産出されたもので、このような…
  • 陸前高田市の「奇跡の一本松」に会う

    2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波で、岩手県陸前高田市にある高田松原の約7万本の松の木がなぎ倒されて壊滅した。しかしその中でたった一本の松の木が津波に耐え、立ったままの状態で残った。高さ27.7メートル…
  • 2015年「各国各地のスーパームーン」特集

    28日夜、普段よりも大きく見える満月「スーパームーン」が姿を現した。中秋の名月の翌日にスーパームーンという、二夜連続の天体ショーを楽しんでみる。 東京都千代田区(東京駅) 東京都千代田…

ピックアップ記事

  1. 月の内部に大量の水が存在
    米ブラウン大学のラルフ・ミリケン准教授らは、インドが2008年に打ち上げた月周回探査機「チャンドラヤ…
  2. 地下鉄1001号、しんかい2000など本年度の機械遺産を認定
    日本機械学会は24日、2017年度の機械遺産に国産初の地下鉄車両「モハ1000形1001号」、有人潜…
  3. 7月6日、日本と欧州連合(EU)の首脳会談がブリュッセルで開かれ、4年にわたる交渉を経て日欧間の経済…

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る