カテゴリー:特集

  • 富士の北麓に広がる青い湖~山中湖~

    山中湖は富士五湖の中で富士山に最も近い場所にあり、面積も最も大きい湖。2013年6月22日には世界文化遺産に登録された。相模川の源流で、富士五湖の中で唯一、天然の流出河川を持った湖でもある。北を上にして見ると、湖面の形が…
  • 虎伏す山に建つ白亜の天守閣~和歌山城

    城の建つ山が虎の伏した姿に似ていたため、江戸時代には「虎伏竹垣城(とらふすたけがきじょう)」と呼ばれていたという和歌山城。三層の天守閣は戦災後の1958(昭和33)年に再建されたもので、内部には紀州徳川家ゆかりの品が多数…
  • 童心に戻れるシャボン玉アート!(ドイツ、ベルリン)

    夏場のベルリンは大道芸天国! 地下鉄に乗っていると、アコーディオンやバイオリンを抱えた楽団が乗り込んできて演奏を始めたり、路上でも即興演奏をするミュージシャンや、グラフィティアートを披露するアーティストに出会ったりするこ…
  • NYで大人気のハンバーガー「シェイク シャック」待望の日本上陸

    2016年、東京に初上陸することで話題のハンバーガーブランド「Shake Shack(シェイク シャック)」。本場ニューヨークにて、一足先に味わってきた。 新鮮でシンプルな味わいのシェイク シャックは、ニューヨーク…
  • 山中湖でカバに乗る~水陸両用バス「KABA」~

    富士山の麓、山中湖には「KABA(カバ)」がいる。1台で地上と湖上の両方を走る水陸両用バスだ。山中湖半と森の中を走行後、そのままバスは湖へと入水。湖からは富士山を一望でき、山麓の豊かな自然を体感できる。1回のツアーは約3…
  • 上野公園でハスの花が見ごろ

    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池では、ハスの花が見ごろを迎えている。まだつぼみも多いので、8月中旬頃まで見ごろが続きそうだ。 ハスの合間に人の頭が見えるが、これは2014年に設置された「ハス観察ゾー…
  • 花便り~ネムノキ

    散策中、甘い香りがしてきた。見上げると、木の上にピンク色のふわふわした花が咲いている。 触るとすぐに葉が閉じるオジギソウと葉の形は似ているが、ネムノキは触っても閉じることはない。夜になると自らゆっくりと閉じる。その…
  • セミの羽化~夏の盛りの生命の営み~

    私たちの夏の暮らしを彩り、鳴き声に夏を感じる人も多いとても身近な昆虫である「セミ」。8月5日、セミの羽化の様子を偶然にも写真に収めることができた。 セミの幼虫は地中生活の期間が長く、成虫も寿命が短いことが知られてお…
  • 城郭での夕涼みを楽しむ ~8月の韓国水原華城~

    韓国の首都ソウルから約1時間の場所にある水原華城(スウォンファソン)。8月の初旬、夕暮れ時の城郭を訪れた。周囲がうっすらと赤く染まり、静かに流れる時間を楽しむことができる。この時期は昼間の暑い日差しを避けて夕涼みに行くの…
  • 花便り~クルマユリ

    オレンジ色のユリ。ただ普段見慣れたユリと違うのは、その花のサイズと、葉のつき方だ。 原産地は日本、朝鮮半島、中国。花は5~6cmと小ぶりで、花びらは先が強く反り返っている。葉は、柄のない細長い葉が輪生する。和名の由…
  • カフェめぐり ホテルアンダーズ「バーガーカフェBeBu」編

    虎ノ門ヒルズのホテルアンダーズ東京1階に「バーガーカフェ BeBu(ビブ)」がある。大きな窓から明るい光が差し込み、開放感のあるテラス席と隣接してラウンジもある。 ランチタイムに訪れた。ホテルのラウンジ席に通される…
  • 海外在住者がもらってうれしいお土産 中国編

    書き手の個人的な嗜好と独断と偏見に基づいた「海外在住者が日本からもらってうれしいおみやげ」についてのご紹介と考察、今回は北京と上海に在住経験のある筆者が中国編をお届けします。 海外在住邦人の国別規模で、米国に次いで…
  • カフェめぐり 会津鶴ヶ城「会津葵西遊館」編

    福島県会津若松市の会津鶴ヶ城を出て少し歩くと、「シルクロード文明館」と書かれたレンガ造りの建物がある。その1階にあるのが「会津葵 西遊館」というカフェだ。 山国会津と南蛮文化。一見奇妙な取り合わせに思える。しかし、…
  • ドイツ・ライン川で川下り

    日本に比べてドイツの夏は短く、湿気も少なく気温が30度を超える日は多くないけれど、それでも涼を求めて水辺が恋しくなる季節。ドイツ・ライン川での川下りをご紹介したい。 ライン川観光の核心部分と言えるのが、ラインラント…
  • 日本の滝百選「見帰りの滝」に立ち寄る

    7月30日、梅雨明けしたばかりの佐賀県相知町にある「見帰りの滝」を訪れた。佐賀県最大の滝で、日本の滝百選にも指定されている。落差100mもある見ごたえ十分な自然の形象に心を奪われ、しばしその落口(おちくち)と流身(りゅう…
  • カフェめぐり ホテルアマン編

    東京・大手町の外資系ホテル、アマン東京の1階に、カフェがオープンした。猛暑の昼下がり、「大手町の森」に囲まれたザ・カフェbyアマンを訪れた。まるで高原の避暑地に来たようだ。 トゥドロップというお茶を注文した。中国緑…
  • 花便り~ワルナスビ

    一瞬、「山の中でナス?」と、自分の目を疑った。ナスやジャガイモによく似た花が一面に広がっていたからだ。 この花は「ワルナスビ」。北アメリカ地方原産で、やはりナス科の植物。世界的に帰化している外来種で、日本では外来生…
  • 「日本の名勝地を歩く」7月、白神山地ブナ原生林と暗門の滝

    7月下旬、秋田県と青森県にまたがる白神山地を訪れた。専門ガイドの案内を受けながらブナ林散策道を抜けて川沿いに、さらに暗門(あんもん)の滝まで往復約3時間のトレッキングコースだ。 白神山地はブナ原生林で知られている秋…
  • 花便り~ヤグルマギク

    花にしては珍しい青紫の花が一面に広がっている。ヨーロッパ原産のこのヤグルマギク、日本へは観賞用として明治時代に渡来し、鯉のぼりの矢車に似ていることから矢車菊の名がつけられた。この植物、調べてみると経緯も薬効もとても多く興…
  • 海王丸~海の貴婦人 横浜にて

    海の日を挟んだ1週間、横浜港に1隻の帆船が停泊していたのをご存じだろうか。海の貴婦人と呼ばれた海王丸の後継、「海王丸II世」である。日本丸とともに姉妹船として建造された初代海王丸の引退後、1989(平成元)年に就航した。…
  • 花便り~ギボウシ

    ユリにも似た薄く紫がかった花が静かに咲いていた。葉はオオバコにも似ている。 ギボウシという名は、そのつぼみ、また包葉に包まれた若い花序が、擬宝珠(ぎぼうしゅ)という橋の欄干の上にある玉ねぎのような形の装飾物に似てい…

特集

ピックアップ記事

  1. 2020東京五輪仕様のナンバープレート 交付開始
    国土交通省は10日、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を記念した特別仕様ナンバープレート…
  2. 特別支援学校の生徒 発達障害のうち最も多いのは自閉症
    全国特別支援学校知的障害教育校長会(全知長)は3日、特別支援学校の課題と方策を明らかにするために実施…
  3. 過去10年でドイツのたばこ消費量が減少
    東京都議会は5日、子どもの受動喫煙を防止する条例案を賛成多数で可決した。公共スペースだけでなく家庭内…

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る