カテゴリー:特集

  • シーテックジャパン2016閉幕 進むIoT化 新技術開発で各社しのぎを削る

    千葉市の幕張メッセで4日から開催されていた総合展「シーテックジャパン2016」が今日7日、閉幕する。「シーテックジャパン」は国内最大の家電見本市として知られてきたが、今年から、IoT(モノのインターネット)の総合展へとテ…
  • 【ノーベル賞2016】化学賞に欧米の3人 分子マシンを設計・合成

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2016年のノーベル化学賞を発表した。仏ストラスブール大学のジャン・ピエール・ソバージュ名誉教授、米ノースウエスタン大学のジェームス・フレーザー・ストッダート教授、オランダ・フローニ…
  • 畳敷きの礼拝堂 津和野カトリック教会

    島根県の山間にあり、山陰の小京都と呼ばれる津和野。鎌倉時代から約700年続く、趣深い城下町が残り、古い町並みの面影を感じる殿町通りには、珍しい畳敷きの礼拝堂を持つ津和野カトリック教会がある。1931(昭和6)年にドイツ人…
  • 【ノーベル賞2016】物理学賞に米国の3人 超伝導などトポロジーで説明

    スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2016年のノーベル物理学賞を発表した。英国生まれで米ワシントン大学のデビッド・J・サウレス名誉教授が2分の1、英国生まれで米プリンストン大学のF・ダンカン・M・ホールデン教授と英国…
  • 【ノーベル賞2016】生理学・医学賞に東工大栄誉教授の大隅良典さん 

    ノーベル生理学・医学賞の今年の受賞者が3日に発表され、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが選ばれた。「オートファジー」という細胞の自食作用の仕組みを解明する研究が評価された。日本がけん引してきた研究分野で、単独での受賞と…
  • 大浦天主堂~隠れキリシタンの歴史の舞台

    2018年の世界文化遺産登録を目指して、推薦候補となった大浦天主堂。遺産の名称が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に変更されたことが記憶に新しいが、隠れキリシタンにまつわる「日本で最初の殉教」と「信徒発見」、この…
  • 歴史と格式を今に残す、大連「旧ヤマトホテル」

    中国・大連にある「旧ヤマトホテル」を訪れた。創業は1914年8月。かつて満州国で日本が展開していた南満州鉄道は、満鉄線の沿線都市で複数のヤマトホテルをチェーン経営していた。大連はかつて日本から満州への玄関口であり。南満州…
  • 100年の歴史を眺め続けた路面電車 長崎

    長崎の街の中を走る路面電車。長崎の路面電車は正式には長崎電気軌道というそうだ。 1915年に開通だから、つまり営業を開始して以来、今年で101年目となる。時代と共に変わりゆく長崎の街の風景を、この電車は眺め続けてき…
  • 【ノーベル賞2016】知っているようで、意外と知らないノーベル賞

    10月初旬、今年もノーベル賞の発表の時期がやってくる。毎年12月に「人類の福祉に最も貢献した人々」に贈られ、これを受賞することは世界的にも非常に栄誉なこととされる。 誰もが知るノーベル賞だが、改めて「ノーベル〇〇賞…
  • 花便り~ケイトウ

    ケイトウ。この花も秋、お彼岸のイメージがあるのではないだろうか。赤く、ニワトリの鶏冠(とさか)に見えることからついたこの名前。漢字では鶏頭(ケイトウ)と書くが、英語でも「cocks-comb(鶏のとさか)」という。国は違…
  • カフェめぐり 美味しいおもてなし オーガニックパン「ルージュゴルジュ」編

    東京都文京区、白山通り沿いの白山下にあるブランジェリーカフェ「ルージュゴルジュ」。ランチタイムに訪れた。毎日午前11時になると焼きたてのパンがずらりと並ぶ。それぞれのパンたちが「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれている…
  • 独創的で不思議な廻船集落 佐渡島「宿根木」の魅力

    新潟県佐渡市の南に位置する「小木港」は、江戸時代後期に相川の佐渡金山で採掘された金銀を運搬するための寄港地として繁栄した。今回、この小木港から西に3kmほどのところに位置する廻船(かいせん)集落「宿根木(しゅくねぎ)」を…
  • ドイツのマーケットで感じる秋の訪れ

    秋が来た! と、ドイツでいち早く感じるのは、マーケットを歩いているとき。夏野菜と並んで、キノコを見かけ始めると、「ああ、もうそんな季節なのか」と実感する。 ドイツでは、マッシュルームやシイタケなどが1年を通して市場…
  • 石造りの洋館~旧香港上海銀行長崎支店記念館 長崎

    旧香港上海銀行長崎支店記念館は、明治から昭和初期に活躍した建築家・下田菊太郎が設計した国内に現存する唯一の遺構で、1989年に国の重要文化財に指定された。長崎県長崎市内の石造りの洋館として最大級だ。 1階は資料館と…
  • 花便り~ヒガンバナ

    9月の中旬、秋のお彼岸の時期になると突然現れる真っ赤な花、ヒガンバナ。昔から、ヒガンバナを持ち帰ると火事になる、など、不吉な迷信がある花でもある。 数日で花が枯れ、茎だけになってしまうことから、「幽霊花(ゆうれいば…
  • 花便り~リンドウ

    秋の気配を感じる今日この頃。花屋に訪れた秋のひとつは、リンドウだ。 日本や中国、朝鮮半島、シベリアなどが原産とされるが、リンドウ科は世界に約70属1150種以上もある。日本には、エゾリンドウ、オヤマリンドウ、ミヤマ…
  • 2016年 中秋の名月 ベトナムの空に輝く

    2016年の中秋の名月、15日の夜は関東上空を厚い雲が覆い、東京では残念ながらその姿を見ることはできなかった。しかし、ベトナムの夜空には明るい月が輝いていた。 「中秋の名月=満月」と考えがちだが、必ずしも満月ではな…
  • ご当地自慢を探せ!(7)東海道・袋井宿のだし香る「たまごふわふわ」

    静岡県袋井市。江戸時代に整備された東海道五十三次のちょうど真ん中にあたる宿場「袋井宿」の面影が残る場所だ。 この袋井市に、江戸時代の名物料理と言われる卵料理がある。その名は「たまごふわふわ」。聞くだけでも夢が膨らん…
  • ご当地自慢を探せ!(6)バイエルン地方のご当地ファストフード「レバーケーゼ」

    ミュンヘンを中心とするドイツ南部のバイエルン地方で、庶民に最も親しまれている手軽なファストフードがレバーケーゼだ。レバーケーゼは、形態や食感はスパムに似た、スポンジ状のランチョンミート。パリッとした皮に包まれてスパイスの…
  • 「ひつじのショーン」Shaun IN JAPAN @二子玉川

    英国で人気のクレイアニメ「ひつじのショーン」をモチーフにしたアート&チャリティプロジェクトが、1~15日まで開催中だ。展示エリアは二子玉川ライズをはじめとする二子玉川駅周辺エリア。29組のアーティストとのコラボレーション…
  • ご当地自慢を探せ!(5)ドイツの絶品魚料理!マスのグリル

    ドイツで暮らしていて、たまに日本に帰国してスーパーに行くと、当たり前のように鮮魚コーナーが充実しているのを見て、めまいがすることがある。日本のスーパーの鮮魚コーナーの品ぞろえの豊富さ、お値段の手ごろさ、そして魚の鮮度は、…

ピックアップ記事

  1. 横浜山手西洋館ベーリック・ホール 「ひいなの遊び」20日まで開催
    横浜・山手地区に佇む西洋館の1つ、ベーリック・ホール(横浜市中区)では、ひな祭りにちなんだ装飾を楽し…
  2. 奄美群島国立公園
    鹿児島県の奄美群島が7日、国内で34カ所目の国立公園に新たに指定され、「奄美群島国立公園」が誕生した…
  3. 花粉症の人にはつらい季節がやって来た。ちょうどピークを迎えようとしているスギ、ヒノキ花粉症の人は、日…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る