【コラム】ドイツでクリスマスが終わる日 

クリスマスが終わる日

タイトルを見たとき、なんで今頃クリスマスの話なんだ? と思われたかもしれない。日本ではたぶん世間的に、一番クリスマスが盛り上がるのは12月24日のクリスマスイブの日。そして12月25日が終われば、みんなあっさり宗派替えをして、クリスマスツリーは片づけられ、お正月の準備が始まる。しかしドイツでは、年が明けるまでクリスマスは続く。そしてつい数日前に終わったばかりなのだ。

ドイツでクリスマスが実質的に終わる日は、1月6日。この日は「三賢王の日」、または「公現節」とも呼ばれており、新約聖書の中に出てくる東方の三人の王(日本語聖書では東方の三人の博士)が幼子イエス・キリストを訪れたことを記念する日となっている。

この日を境に、クリスマスの飾りは取り外されるのだが、この時期、道端のあちらこちらにクリスマスツリーが投げ捨てられている光景に出会う。ドイツでは、本物のモミの木やトウヒの木を毎年購入する場合が多いので、クリスマスが終わればこれらは生ゴミ兼粗大ゴミとなる。1月6日以降、道端(基本的には自分の家の前)にツリーを出しておけば、市の清掃局が回収してくれるという仕組みになっているのだ。

毎年目にするこの光景。目にするたびに、「ああ、クリスマスが終わったんだな」という諸行無常を感じる瞬間だ。

【コラム】ドイツでクリスマスが終わる日

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

見市 知

ライター、ドイツ在住。著書に『ドイツで100年続くもの』、『ドイツ クリスマスマーケットめぐり』、『ベルリン 東ドイツをたどる旅』(いずれも産業編集センター刊)がある。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る