【コラム】我が家のルーツはどこ? 地域で異なる「お雑煮」文化 

【コラム】我が家のルーツはどこ? 地域で異なる「お雑煮」文化

あなたの家のお雑煮はどんなお雑煮だろうか。筆者は幼い頃から、母親が作る白味噌仕立てで、煮た丸餅、梅の形の人参、さやえんどう、大根やくわいなどの野菜が入り、最後に柚子が添えられたお雑煮を、なんら疑問も持たずに喜んで食べてきた。だが正月三が日のある日、知人から送られてきたお雑煮の写真を見て気づいたのだ。透明の澄まし汁だったり、赤味噌の汁だったり、角餅が入っていたり、はたまた野菜以外に鶏肉や魚が入っていたり……。お雑煮のあり方はその地域や家によって異なり、実にさまざまであるということに。

【コラム】我が家のルーツはどこ? 地域で異なる「お雑煮」文化
澄まし汁に鶏肉、小松菜、なると、かまぼこなどの具が入った、東京下町のお雑煮。

調べてみると、日本列島の中でも地域によってお雑煮の種類が異なるようだ。石川県や岐阜県、三重県よりも北東の地域は澄まし汁、近畿地方と香川県、徳島県は白味噌、福井県は赤味噌、鳥取県と島根県の一部は小豆汁、そしてそれよりも南西の地域は、九州・四国を含んで再び澄まし汁のお雑煮を食べるのが伝統的だと言う。

お雑煮と言えば餅だ。餅も角餅、丸餅、あんこ餅と種類があり、これも地域によって入れる餅が異なる。東日本と九州はだいたい焼いた角餅を入れるが、近畿、中国、四国は煮た丸餅を食べる。その境目の静岡県や愛知県では煮た角餅が一般的で、三重県や奈良県では焼いた丸餅を入れることが多いそうだ。
特徴的なのは香川県。餅はあんこ餅で、白味噌仕立てだそうだ。一説によれば、古都・京都の影響を受けている地域が丸餅で味噌を使い、江戸の新風が入ってきた地域は角餅で澄まし汁なのだとか。

野菜以外のお雑煮の具としては、豆腐や焼き豆腐、塩ブリ、焼きザケ、鶏肉などが挙げられる。豆腐は昔から「ハレの日」に食べる貴重な食材であったため、全国的に豆腐を入れる地域は多いようだ。

地域によって異なるお雑煮文化。自分自身のルーツを辿るようで、実に興味深い。

【コラム】我が家のルーツはどこ? 地域で異なる「お雑煮」文化
宮崎県宮崎市、澄まし汁にもやしと餅のみが入ったお雑煮。

冒頭写真:白味噌に丸餅が入った、兵庫県がルーツのお雑煮。

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

ジャスミン・リー

生粋の日本人、東大卒。小さい時の夢は推理小説家だったが、今はまったく別の仕事で世界を飛び回り知見を広げている。ソルトでしか得られない情報を発信します!

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る