【コラム】AIは人間と一緒に新しい「教え方」をつくれるか?(前編)

AIは人間と一緒に新しい「教え方」をつくれるか?(前編)

2016年は、人工知能(AI)に関する報道が多くなされた年だった。自動運転から、医療、司法に至るまで、AIが関わる分野は多岐にわたる。その報道のたびに必ず出てくるのが、「人間はAIに取って代わられるのか」という疑問だ。そして教育分野の先進事例でも講師を指導するAIが登場しようとしている。

AIが教師の「教え方」を改善指導

12月26日付の英ガーディアン紙のリポートによると、算数のオンライン教育を行う企業サード・スペース・ラーニング(Third Space Learning)が科学者と提携。授業を成功に導く要因を特定し、さらには授業の「教え方」を改善するためにAIが使えるかどうか調査しているという。

同社は、英国、インド、スリランカを拠点に、英国内の学校に通う生徒達に教育サービスを提供する企業だ。同リポートの事例では、小学校の生徒が、インドおよびスリランカにいる講師から毎週1対1の算数指導を受けている。指導時間は45分で、生徒と講師はヘッドセットとコンピューター上で共有しているホワイトボードを通してやり取りをする。この際、お互いの姿を見ることはできない。

同社はこれまで、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の科学者達と共同で、「良い教師」や「成功した授業」を実現する要因を特定するため、自社が提供する個別指導の10万時間分の音声と記述データを解析してきた。

CEOのトム・フーパー(Tom Hooper)氏は「我々は、得られる知見をもとにレッスンの最適化を目指す。これまでのレッスンを記録したデータを用いて、“教え方”を改善するためにAIを導入しようとしている」と方針づけており、2017年からは、AIソフトウェアが講師の指導内容をモニターし、改善まですることを目指した取り組みが始まるという。

(後編に続く)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

三田 よしみ

大学院機械工学系専攻修了後、アメリカ系外資企業を渡り歩き、現在も外資勤め。最近は運動不足解消に取り組んでいる。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る