「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム」開催 環境省

国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催

環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考える~」を開催する。国連の国際生物多様性の日(5月22日)に合わせた企画で、これからの国立公園や、自然・文化・歴史(遺産)を分かり易く人々に伝えるインタープリテーションについて考える機会として、専門家らによる講演やパネルディスカッションが開かれる。

プログラムの第1部は、米国立公園局レンジャーや筑波大学教授からの基調講演など、米国や日本国内からの報告がある。第2部では第1部の講演者に加えて広島修道大学、環境省、国連大学の職員によるパネルディスカッションが行われる。

国際生物多様性の日には、生物多様性についての普及啓蒙活動が奨励されている。今年は国連が定める「持続的な観光国際年」であるため、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム」がテーマとなっている。

場所は東京都渋谷区の国連大学エリザベス・ローズ国際会議室、時間は13~17時で参加費は無料。

環境省では現在、政府の「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき「国立公園満喫プロジェクト」を実施している。先行的に取り組みを推進する8カ所の国立公園を選定し、2020年までに訪日外国人の国立公園利用者数を1000万人にするという目標を掲げている。

(写真はイメージ)

参考記事
国立公園の魅力を発信! 訪日外国人向けに国内8カ所で取り組み開始 環境省(2017/01/26)
 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

碓井 弓

農学部出身。将来の夢は畑を耕して生きること。 Simple is best がモットー。

ピックアップ記事

  1. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  2. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…
  3. 米株式週報
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 6月19~23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る