アホウドリ、小笠原諸島全体で2つがいの繁殖成功

環境省と東京都などは23日、特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリについて、5月に小笠原諸島全体で2組のつがいの繁殖が成功したことを確認したと発表した。今回の確認で小笠原諸島での保護増殖事業開始からアホウドリの繁殖成功は3例となった。

むこ島で1月9日に親鳥とヒナを確認しており、そのヒナの巣立ちを5月14日に確認した。聟島でヒナの巣立ちは戦後初めて。嫁島では5月9日にヒナ1羽が確認された。嫁島でヒナを確認したのは初めて。

アホウドリは小笠原諸島では1930年に絶滅していたが、2008年から鳥島で生まれた個体を聟島に移送して、新しい繁殖地を形成する保護増殖事業が行われてきた。2014年5月に媒島なこうどじまでヒナが確認されている。

アホウドリ、小笠原諸島全体で2つがいの繁殖成功
アホウドリ、小笠原諸島全体で2つがいの繁殖成功
巣立ち前のヒナ(聟島)(上)と嫁島で確認されたヒナ(下)

アホウドリ、小笠原諸島全体で2つがいの繁殖成功
[画像:東京都ホームページより]

参考記事
戦後初、小笠原諸島でアホウドリの親子を確認

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る