アホウドリ出生地に帰還、小笠原諸島生まれで初

絶滅危惧種のアホウドリ、小笠原諸島で2年連続ヒナを確認

環境省などが取り組むアホウドリ保全活動の一環で誕生した子どもが、夏季の移動先から出生地の小笠原諸島に成長した姿で帰巣していたことが1日に確認された。人工飼育のメスから生まれた子どもで、小笠原諸島生まれの世代が帰還するのは初めて。環境省、東京都などが28日に発表した。

同省は、伊豆諸島の鳥島で生まれた個体を小笠原諸島の聟島むこじまに移送してアホウドリの新しい繁殖地を形成する保護増殖事業を、2006年から進めている。今回帰還が確認された個体は、聟島の南東約5kmにある媒島なこうどじまで生まれ、2014年5月に巣立った3歳のメス。聟島生まれの人工飼育のメスと、鳥島から移送された野生のオスのつがいから生まれた。同省は、人工飼育して移送した個体が野生と同様に子育てできたとして、「人工飼育が本当の意味で成功した」と評価した。

1日、山階鳥類研究所の研究員が聟島北西部の繁殖モニタリング箇所を、約300m離れた地点から望遠鏡で観察したときに同個体を識別、さらに母親と接近する様子が確認された。アホウドリは、非繁殖期にはベーリング海やアリューシャン列島、アラスカ沿岸まで移動し、巣立った後3~4年後から繁殖期の10~5月に生まれた場所に戻る習性がある。

(写真はイメージ)

参考記事
絶滅危惧種のアホウドリ、小笠原諸島聟島で2年連続ヒナを確認(2017/02/16)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る