世界遺産「白神山地」を室内で体感! 東北森林管理局の若手が試み

世界遺産「白神山地」を室内で体感! 東北森林管理局の若手が試み

林野庁東北森林管理局の若手職員有志「やまぼんず」が、世界遺産「白神山地」を室内に再現し、外出が困難な高齢者や身体の不自由な人が室内にいながら森林を疑似体験できる試みを行っている。

IT技術は使わず、壁にブナ林の写真を張り、床には葉を敷き詰め、森の香りも木の抽出液で再現。床に座ったまま森林を散策しているような感覚を得られるように、散策中の目線で撮影した動画に合わせてガイドが案内し、画面に映るクロモジという木の枝の実物を実際に観察できるようにした。試行段階で体験した人からは好評で、今後はさらに改良を重ねて、福祉施設などに森林体験を届けたいと「やまぼんず」のメンバーは意欲を示す。

これまで東北管理局管内の青森県や秋田県で開催しており、実際に疑似体験の中で使われた映像の一部もユーチューブで公開している。

今後も東北地方を中心として開催していく予定で、今月は25~26日に行われる青森県白神山地ビジターセンター主催の「『白神山地ビジターセンターがやってきた!』in青森市」に参加。青森県総合社会教育センター(青森県青森市)で、午前9~午後4時に開催する。

白神山地ビジターセンター
http://www.shirakami-visitor.jp/event.html

画像:林野庁Facebookより

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

碓井 弓

農学部出身。将来の夢は畑を耕して生きること。 Simple is best がモットー。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る