多摩動物公園 ニホンコウノトリの繁殖、30年連続成功

多摩動物公園は11日、ニホンコウノトリのヒナ1羽が3月にふ化したと発表。これにより同園は今年で30年連続の繁殖成功となった。ふ化したヒナは順調に生育しており、子育ての様子はコウノトリ舎の大ゲージで観覧通路から見ることができる。

同園では遺伝的多様性管理を目的にニホンコウノトリの繁殖を行っている。1988年に日本で最初の飼育下での繁殖に成功して以来順調に繁殖が続いてきた。同園の活動は飼育下でのニホンコウノトリの個体数維持に貢献している。同園での飼育状況は11日現在で、オス29羽、メス25羽と、今回ふ化した1羽(性別不明)の合計55羽。なお、国内全体では18施設、197羽(オス102羽、メス95羽)が2017年2月1日時点で飼育されており、同園は国内の約4分の1を占めている。

ニホンコウノトリはコウノトリ目コウノトリ科。国際自然保護連合(IUCN)レッドリストでは絶滅危惧1B類で国の特別天然記念物。明治以前には日本でも一般的に見られた鳥だったが、乱獲や農薬等、環境の変化により野生のものは日本から姿を消した。

参考記事
ニホンコウノトリの卵を交換 多摩動物公園と兵庫県立コウノトリの郷公園間で(2015/05/26)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る