子どもとフランス・アートを楽しむ 東京都美術館がキッズデー開催

20世紀フランスのアートを観ることができる企画展「ポンピドゥー・センター傑作展」を開催中の東京都美術館(東京都台東区)で、特別企画のキッズデーが開催される。一般の休室日となる29日に臨時開室し、中学生以下の子どもと保護者だけが鑑賞できる。

中学生以下は入場料無料。オリジナル缶バッジやポストカードを作るワークショップを企画。また、主人公のリサが物語の中でポンピドゥー・センターに住んでいるという設定の人気絵本「リサとガスパール」のフォトスポットで記念撮影ができる。

「ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで― 」はフランス、パリの中心部にあるポンピドゥー・センターの近現代美術コレクションから1年ごとに1作家の1作品を厳選し、1906年から1977年のタイムラインをたどる展覧会。マルク・シャガール、アンリ・マティス、ロベール・ドローネー、パブロ・ピカソ、ヴァシリー・カンディンスキーなどの作品が楽しめる。

【施設情報】
東京都美術館
東京都台東区上野公園8-36
TEL:03-3823-6921
ホームページ:http://www.tobikan.jp/
開館時間:9:30~17:30
休館日:第1・第3月曜日、年末年始

画像提供:東京都美術館

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る