東京メトロと東大、中高生対象に災害時の鉄道ワークショップ開催

東京メトロと東大、中高生対象に防災のための鉄道ワークショップを開催

東京メトロ(東京都台東区)と東京大学生産技術研究所(同目黒区)は、夏休み期間に「鉄道ワークショップ2017~災害時に“自分の頭で考える力”を身につけよう~」を開催する。対象は中高生で、中学生クラスは7月25日、高校生クラスは7月27日に実施。「地下鉄で地震発生! あなたならどうする?」をテーマに企画されており、次世代の人材育成が目的。

ワークショップでは、午前に東京メトロの総合研修訓練センターで施設内にある模擬駅などを見学、午後には東京大学生産技術研究所駒場リサーチキャンパスで鉄道の防災についての実験や講義を受ける。その他、参加者同士の親睦を深める交流会も実施。

募集人数は中学生・高校生クラスともに40人。応募は必要事項を記入して郵送またはメールで申し込む。締め切りは郵送が6月9日、メールは6月11日。参加無料。

画像提供:東京メトロ

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る