理科大生が子ども向け科学啓発イベント 科学未来館で開催

日本科学未来館(東京都江東区)で11〜12日、東京理科大学の学生団体「みらい研究室実行委員会」が科学啓発イベント「科学へのトビラ」を開催する。小中学生が科学を楽しめるワークショップなどを実施する。

化学分野では、割れないシャボン玉や人工イクラ作り、水を一瞬で凍らせる実験などが企画されている。地球科学分野では、竜巻や落雷の装置実験、生物分野では化石のレプリカ作りなどが用意される。物理分野では、光の万華鏡や強力磁石、数学分野ではルービックキューブやハノイの塔なども。宇宙分野ではプラネタリウム上映会や惑星模型、工学分野ではレーシングカー作りや模型飛行機作りなどが体験できる。

極地建築家・村上祐資氏による講演会「南極経由、極地行き。~極地の基地から生まれた、ネパール大震災のためのドーム~」も開催。こちらはワークショップとともに申し込みが必要となっている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  2. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…
  3. 米株式週報
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 6月19~23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る