釧路市動物園 シマフクロウの卵をワシミミズクに託す試み

釧路市動物園 シマフクロウの卵をワシミミズクに託す試み

釧路市動物園では、絶滅危惧種で国の天然記念物のシマフクロウの抱卵を放棄された卵を、近縁種のワシミミズクに托卵たくらんし、子育てさせる試験を8日から行っている。

同園では、飼育しているシマフクロウのムムが抱卵を放棄したため、人工ふ卵をしていた。シマフクロウの人工ふ化・人工育雛の実績はあるが、人工育雛をすると人を親と思ってしまう「刷り込み」が避けられないという課題があった。そのため、同種の別のつがいがいる場合はそのつがいに托卵することもある。しかし現在同園にそのようなつがいがいないため、今回新しい試みとして、近縁種のワシミミズクに托卵することにした。

ワシミミズクは、昨年エゾフクロウの卵を実験的に託したところ、雛を無事に育てた実績がある。同園によると、シマフクロウの卵を近縁種に育ててもらう取り組みは全国的にも例がないという。ワシミミズクへのストレスを軽減するために飼育している「ふくろうの森」の観覧をおよそ2カ月間中止する。

シマフクロウは、翼を広げると約180cmになる世界最大級のフクロウ。環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類に指定されている。日本では北海道と北方領土に生息する。森林伐採による営巣木の減少と河川改修や砂防ダム建設による餌の魚類の減少などにより、現在は国内では約50つがい、140羽程が生息している。

参考記事
富士通、ICT技術でシマフクロウ生息調査を支援(2016/10/30)
日本野鳥の会、土地を購入してシマフクロウの保護区を設置(2016/08/29)

画像提供:釧路市動物園(ワシミミズク)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る