飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン

飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン

フィンテックグローバルとムーミン物語は6日、北欧のライフスタイルやムーミンの物語の世界を体験できるテーマパーク「メッツァ(metsä)」を埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに開業すると発表した。また同日に公式サイトも開設した。

メッツァは2つのゾーンで構成され、1つは北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(2018年秋開業予定)と、『ムーミン』の物語をテーマとした「ムーミンバレーパーク」(2019年春オープン予定)がある。
メッツァとは、フィンランド語で「森」という意味の言葉。「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所」をコンセプトとし、「体験」に着目したテーマパークだ。

「メッツァビレッジ」には、宮沢湖畔の豊かな自然を身近に感じられる施設やアクティビティ、地元野菜や工芸品を扱うマーケット、またフィンランド名物のサウナを全室に備えた宿泊施設やグランピング施設が計画されている。メッツァビレッジは入場無料。気軽に足を運ぶことができる、地域に開けた公園の機能を持ったゾーンとなる。

飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン
公園機能を有し、気軽に楽しめる「メッツァビレッジ」

飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン
湖畔に建つ宿泊施設は全室サウナ付き

もう1つのゾーン「ムーミンバレーパーク」では、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷をはじめとした物語に登場する灯台や水浴び小屋などの施設がつくられムーミンの物語を追体験できるほか、ショー形式のアトラクションも展開。ムーミン一家とその仲間たちにも会うこともできる。また、オリジナル商品を扱うギフトショップやレストランなども計画されている。ムーミンバレーパークは有料エリアで、料金等の詳細は今後発表される。

飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン
「ムーミン」の世界を体験できるアトラクションやショーを実施予定

飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン
物語に出てくるムーミン屋敷や灯台などを再現

今回の開業に際し、ムーミン物語の原作者トーベ・ヤンソンの姪であるソフィア・ヤンソン氏は、ビデオメッセージで「パークの誕生が待ち遠しく、ムーミン谷の雰囲気を味わえる日を楽しみにしています」と語った。

飯能で北欧&ムーミンの世界を体験! 「メッツァ」が来秋からオープン
記者発表会に特別ゲストとしてムーミンたちが登場。大久保勝 飯能市長(左)、フィンテックグローバル 玉井信社長(中央)、ムーミン物語 ロバート・ハースト社長(右)と共に

画像:©Moomin CharactersTM

Facebook Like!


柴田 祐希

投稿者プロフィール

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。
NEWSALT立ち上げに参加。
一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 異業種で日本の魅力発信! 第1回クールジャパン・フォーラム開催
    クールジャパン官民連携プラットフォームは16日、第1回クールジャパン・マッチングフォーラムを虎ノ門ヒ…
  2. 放射性廃棄物の資源利用へ挑戦 理研
    理化学研究所(理研)の王赫(ワンへ)国際特別研究員らは、重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(…
  3. 都市鉱山から東京オリンピックのメダルを 都庁で回収スタート
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメダルを「都市鉱山」から制作するため、不要になった携帯…

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る