JAXA筑波宇宙センターで宇宙開発現場を学ぶ

宇宙開発現場の展示や見学ツアーができる宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで、9月25日まで企画展「JAXAってどんな研究をしているの? ~JAXA研究開発の現場に迫る!~」を開催している。JAXA研究開発部門で研究されている、宇宙開発に必要なさまざまな分野の技術について紹介する。同センターで時節ごとに企画展示している「プラネットキューブ」が会場。入場は無料。

同時に夏休み企画として8月1~12日に「サマーラボ2016」を開催。小・中学生を対象に、同センターの職員や宇宙の専門家が宇宙を題材とした授業を行う。授業内容や時間割は同センターの公式サイトで確認できる。参加はWebによる事前申込制。

同センターでは宇宙開発現場の展示・見学ツアーができるほか、展示館「スペースドーム」では、実物大の人工衛星や本物のロケットエンジン、「きぼう」日本実験棟の実物大モデルの展示などが見られる。

【施設情報】
筑波宇宙センター
茨城県つくば市千現2-1-1
029-868-2023(見学案内係)
http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/
開館時間:10:00~17:00

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

宮永 龍樹

栃木県出身。ソフトウェア技術者。情報機器・教育機器の開発に長年従事するが、自動車エレクトロニクスの分野に転身。最先端の自動運転技術にも関わる。趣味はダンス、そして娘の寝顔を見ること。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る