アディダスが米国に靴生産のロボット工場を設立

スポーツ用品グローバル大手の独アディダスが10日、米ジョージア州アトランタでロボットによる靴の生産を開始すると発表した。当初の予定より1年前倒しして、2017年後半には生産開始し、まず来年にランニングシューズ5万足を生産するという。アトランタ・デイリー・ニュースが報じた。

今年初めにドイツでテスト稼働を開始したロボット工場「スピード・ファクトリー」と同様の形で、米国では初のケースとなる。工場面積は約7万4000平方フィート(約6900平方メートル)で、まずはランニングシューズから生産を始めて徐々に増やし、中期的には複数ジャンルの靴を年間50万足生産することを目標としている。

ジョージア州のネイサン・ディール知事は、「ジョージア州は、アディダスのようなリーダー企業がグローバルで競争するために必要な資源を積極的に提供していく」としている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る