京セラ、今夏にAIによる住宅電力効率化システムを発売へ

京セラ、今夏にAIによる住宅電力効率化システムを発売へ

京セラは、人工知能(AI)を活用した住宅電力効率化システム「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」の今夏以降のアップデートを目指し、ベースとなるシステム「NAVIfitz(ナビフィッツ)」の発売を25日より開始した。

AIを活用した「おまかせ運転モード」では、天気予測や電力消費量をもとに太陽光発電システムによる発電電力量や余剰電力量などを予測。自宅での給湯機や蓄電システムの稼働を自律制御し、リアルタイムで利用状況を把握することで電力利用効率を最大化するという。

さらに、太陽光で発電した電気をできるだけ家庭内で消費するモードや、充電を優先的に実行するモードなど、利用者の好みに合わせて、電力を「消費」でなく「活用」できるようになる。

経済産業省は2030年までに新築住宅のエネルギー年間消費量をゼロ以下にするZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現と普及を促進している。このような背景の中、同社はHEMSによる住宅内エネルギー需給の可視化およびAIを活用した電力利用の効率化を目指す。

画像提供:京セラ

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る