東アジア・大洋州地域、堅調な経済成長の見込み

東アジア・大洋州地域の堅調な経済成長の見込み

世界銀行は13日、「東アジア・大洋州地域半期経済報告」のなかで、東アジア・太平洋地域の途上国経済は、今後3年間おおむね明るい見通しであると報告した。その要因として、堅調な内需、グローバル経済と一次産品価格の緩やかな回復をあげている。同時に、域内の貧困率は持続的な成長と労働所得拡大に牽引され、今後も低下すると推測している。

世界銀行のビクトリア・クワクワ副総裁(東アジア・大洋州地域総局)は、「東アジア・大洋地域の途上国は、健全な政策に加えグローバル経済の見通しがきくようになったことで、持続的成長と貧困削減を進めることができた」とし、同地域の経済が成長していると評価した。

同地域の途上国全体の経済成長は、2017年に6.2%、18年に6.1%と見込まれている。特にフィリピンはインフラ向けの公共支出の増加、民間投資の伸び、与信拡大、送金増加により、17・18年には6.9%と予測。マレーシアでは、政府補助金、インフラ支出、輸出が増加し、17年には4.3%、18年4.5%、ベトナムでは、良好な市場心理と好調な外国直接投資に呼応して、2017年に6.3%の伸びが見込まれる。

世界銀行は、「域外での保護主義的な動きが進んでいるなか、東アジア地域は労働力の自由な移動や、ASEAN経済コミュニティ内の財・サービスのクロスボーダーな拡大により、コミュニティ内での統合を推進することができる」とし、また「同地域の生産性と投資の増強、公共支出の質を向上させることが求められる」と指摘している。
 
(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

小林 惟吹

京都の大学に在学。大学では日本の戦後史を学んでいます。 学生の視点からニュースをお伝えします!

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る