鳥取県とクールジャパン機構が業務連携 地方の魅力を海外へアピール

鳥取県と海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)は、同県の文化や自然環境などの特色を活かした商品やサービスの海外への需要開拓、海外からの観光客の誘客において業務連携することで合意した。25日、クールジャパン機構が発表した。

鳥取砂丘や2010年に世界ジオパークに認定された山陰海岸などの自然環境、また安全で美味しい食など多様な地域資源を「日本の魅力(クールジャパン)」として、県内事業者が海外へ展開する取り組みを推進する。

今回の連携で、地元商工団体、地域金融機関、政府関係機関などが連携するほか、県内と県を中心に広域での連携をすることで推進体制を強化し、メディア・コンテンツ、食・サービス、ライフスタイル、インバウンド関連産業など幅広い産業への波及を目指す。

クールジャパン機構は2013年に官民ファンドとして設立され、基本方針の一つである「地域企業支援型事業」は、地方の魅力ある商品・サービスを発掘し、海外マーケットへの展開を支援することとしている。

2015年1月には北海道とも業務連携を締結している。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


松本 道央

投稿者プロフィール

根っからの九州男児。九州、日本のいいところを見つけて発信していきます。 天気のいい日は、愛車でサイクリングに出かけるのが好き。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 異業種で日本の魅力発信! 第1回クールジャパン・フォーラム開催
    クールジャパン官民連携プラットフォームは16日、第1回クールジャパン・マッチングフォーラムを虎ノ門ヒ…
  2. 放射性廃棄物の資源利用へ挑戦 理研
    理化学研究所(理研)の王赫(ワンへ)国際特別研究員らは、重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(…
  3. 都市鉱山から東京オリンピックのメダルを 都庁で回収スタート
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメダルを「都市鉱山」から制作するため、不要になった携帯…

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る