AI関連ビジネス市場規模は2兆1200億円に

産業革新機構、人工知能ベンチャーへ5億円出資

人工知能(AI)関連ビジネス市場が、2030年には2015年(1500億円)の14倍を超える2兆1200億円となる――。先月28日、富士キメラ総研が「2016人工知能ビジネス総調査」で分析と予測結果をまとめた。

業種別の市場規模は、金融が5860億円と最も大きく全体の約28%を占め、次いで、公共・社会インフラが約21%で4520億円、情報通信が約17%で3680億円という順になった。金融業界は、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といったメガバンクによるコールセンター導入が進んだことにより、2015年時点でも最大規模の495億円を獲得している。2020年以降には、さらに保険やフィンテックなどの領域が活発になるとの予想から、続けて最大規模の市場になるとされている。2番目に規模の大きい公共・社会インフラでは、防災・防犯、スマートシティやスマートグリッドなどの促進により、IoT(モノをインターネットでつなぐ技術)やビッグデータなどをと関連した活用が進むと予測している。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

新城 元

東京工業大学大学院卒。ITジャーナリスト。インターネット関連企業に務めるかたわら、NEWSALTを立ち上げる。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る