「海洋ごみ」学ぶ出前講座、高校で実施 環境省が実施校募集

海洋ごみについて考える「出前講座」実施校を募集 環境省

環境省は21日、海洋ごみに関する出前講座を実施すると発表した。海洋ごみの専門家を学校に派遣して約1~2時間程度の講義を行うというもの。対象は全国の高等学校、高等専門学校で、募集数は15校程度。講師の派遣にかかる費用(交通費、教材費)の学校側負担はない。ただし、学校外で会場を用意する場合は学校負担となる。

海洋ごみとは漂流・漂着・海底ごみなどの総称。海洋ごみの中でも、特に海洋中のプラスチックごみの問題は、生態系への影響が懸念されており、昨年5月に行われたG7伊勢志摩サミット、富山環境大臣会合および茨城・つくば科学技術大臣会合においても、世界共通の解決すべき課題として高い関心が寄せられた。

募集期間は6月16日まで。申し込み多数の場合は実施地域のバランス等を考慮して決定する。実施校決定後、2018年3月16日(予定)までに順次行う。募集要項・申し込み方法は環境省のホームページ(http://www.env.go.jp/press/103965.html)で確認できる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

柴田 祐希

大学卒業後、編集プロダクション・研究機関等でのディレクター職を経てフリー編集者へ。 NEWSALT立ち上げに参加。現編集長。 一番のリラックスタイムは愛犬との散歩。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る