アルバイトによる教育費捻出が奨学金を上回る 教育費負担実態調査

アルバイトによる教育費捻出が奨学金を上回る 教育費負担実態調査

日本政策金融金庫は、2016年度教育費負担の実態調査を発表。教育費の捻出方法について、「奨学金を受けている」世帯が減少し、「子どもがアルバイトをしている」世帯が上回ったことが分かった。

教育費の捻出方法は、「教育費以外の支出を削る(節約)」の28.2%が最も多く、次いで「預貯金や保険の取り崩し」が22.1%。以下、「子どもがアルバイトをしている」の19.6%が「奨学金を受けている」17.7%を上回る結果となった。この「奨学金を受けている」の回答は前年度から4.3%減少しており、その結果、自ら生活費を負担する学生の割合が上回ったという。

世帯年収の平均は855万円となり、2年連続で増加した。世帯年収において在学費用が占める割合は平均16.1%で前年より低下傾向となったものの、「年収200万円以上400万円未満」の世帯では負担割合36.6%と、前年度調査結果の36.8%で高止まりしている。

高校入学から大学卒業までに必要な子供1人当たりの入在学費用の合計は、平均で975万円だった。この調査における入学費用は、受験にかかった費用や入学時に学校に支払ったもの。在学費用とは通学費、教科書・教材の購入にかかる費用のほか、塾や通信教育費、その他習い事などの家庭教育費も含む。

同調査は、2016年8月9~23日に、25〜64歳の男女、かつ、高校生以上の子供を持つ保護者を対象に、インターネットによるアンケートで集計。有効回答数は各都道府県100人ずつ、合計4700人だった。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塚越 沙良

横浜市立大学卒業。社会学専攻。キャリアコンサルタントとして求職者の転職支援を行いながら、主に教育・社会・日本の若者についての記事を執筆。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る