入試や就活に活用される「漢検」 言語力よりも“学ぶ意欲”を評価

日本漢字能力検定協会の調査で、全国の高校や上場企業の8割以上が入試・新卒採用に「日本漢字能力検定(漢検)」を活用していることがわかった。学校では基礎学力・学習意欲との指標として、企業では言語力よりも「学ぶ意欲」を測る指標とする傾向があるという。

同協会が全国の高等学校・高等専門学校5440校を対象に行った「日本漢字能力検定の資格活用状況調査」(14日発表)では、回答した4224校のうち3486校(82.5%)が活用してという結果となった。特に推薦入試・AO入試で使われており、学校側は「基礎学力の証明になる」「学習意欲の指標になる」という理由で漢検を取り入れているようだ。漢検は難易度が最も易しい10級から1級まであり、漢検を入試に活用している学校の半数以上が「3級(中学卒業程度)」を条件としていた。

また同協会が2013年度に実施した、東証一部・二部上場企業、大証一部・二部上場企業を対象に行った調査では、回答した539社のうち453社(84.0%)が新卒採用の評価指標として漢検を活用したという結果が出ている。

企業が漢検を取り入れている目的としては、「言語力」を測ることよりも、「目標に向かって学ぶ意欲」を測る指標とする場合が多いようだ。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


The following two tabs change content below.

松本 道央

根っからの九州男児。九州、日本のいいところを見つけて発信していきます。 天気のいい日は、愛車でサイクリングに出かけるのが好き。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る