国公立大の志願者数、2017年度は例年並み 河合塾が調査

国公立大の志願者数、2017年度は例年並み 河合塾が調査

河合塾は17日、2017年度国公立大学の志願状況について、大学入試情報サイト「Kei-Net」で概要を公表した。2月1日に締め切られた国公立大一般選抜の総志願者数は47万786人で前年度比0.2%減、志願倍率は4.69倍で前年から0.03ポイントの上昇となり、いずれも前年度と同程度だった。今年度のセンター試験、私立大学入試ともに志願者が増加したことに比べ、国公立大学においては人気が落ち着いている傾向にある。

旧帝大(北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)と難関国立大とされる10大学(東京工業大学、一橋大学、神戸大学など)の前期日程においては、志願者数が前年度比1.3%増の5万8231人となり、人気を維持。傾向としては東京工業大学(同7.1%増)や一橋大学(同6.1%増)など首都圏の大学は増加率が高いものの、北海道大学は同3.5%減、京都大学は同1.9%減と首都圏以外の大学は前年を下回っている。

また、10大学の後期日程においては前年から2940人減少の1万4707人となった。河合塾によると、近年難関大を中心として後期日程の廃止・縮小が相次いでいることが、志願者数の減少に影響を与えているようだ。

学部系統別の志願状況は、「法・政治」「経済・経営・商」がどちらも約4%増で人気の傾向にある。「文・人文」「社会・国際」については例年並み。理系は「工」が人気で3.1%増だが、「理」5.1%減、「農」2.3%減と志願者の減少がみられた。

国公立大学一般選抜試験の前期日程は25日から始まる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塚越 沙良

横浜市立大学卒業。社会学専攻。キャリアコンサルタントとして求職者の転職支援を行いながら、主に教育・社会・日本の若者についての記事を執筆。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る