子どもの読書意欲を上げる「ぬいぐるみお泊り会」 岡山大学が実験

子どもの読書意欲を上げる「ぬいぐるみお泊り会」 岡山大学が実験

岡山大学の岡崎善弘講師らの共同研究グループは、子どもに自発的な読書を促す取り組み「ぬいぐるみお泊り会」の前後における子どもたちの読書活動の変化を調査。参加した子どもは参加前に比べて読書活動をする時間が増えたことがわかった。研究成果は、科学雑誌『Heliyon』に2月28日付けで掲載された。

「ぬいぐるみお泊り会」は、幼児期の子どもが絵本に興味を持ち、自ら読書するよう促すための取り組みで、2006年頃から米国の公共図書館で始まった。子どもたちからお気に入りのぬいぐるみを預かって図書館に一晩「お泊り」させ、図書館でぬいぐるみが絵本を読んでいる場面を撮影。翌日以降、子どもたちに「ぬいぐるみが絵本を読んでいた」と伝えながら絵本と一緒に返却することで、絵本に関心を持たせられるというもの。日本でも2010年頃から静かなブームとなっているが、これまで教育効果の検証はされていなかった。

今回の調査では、国内の3~5歳の幼稚園児42人を対象に、お泊り会の前と後で「ぬいぐるみに絵本の読み聞かせをする」行動をとった人数の増減を調べた。お泊り会前には2人だったが、お泊り会からぬいぐるみが戻った当日には、21人が読み聞かせをした。3日後には4人にまで減少し、1カ月後には2人のみとなった。しかし、お泊り会のエピソードを子どもに思い出させると、14人が再び読み聞かせを始めたという。この実験から、お泊り会の効果は3日程度と短期的ではあるが、大人が語りかけて思い出させることで効果の持続が可能であることが分かった。

研究グループは、「子どもは、大人が本を読んでくれた幼少期から、小学校に上がって自主的に読書することが求められたとき、難しさを感じる傾向にある」とし、「お泊り会には、子どもの読書活動を受動的なものから能動的なものに転換する橋渡しの役割が期待できる」と述べた。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塚越 沙良

横浜市立大学卒業。社会学専攻。キャリアコンサルタントとして求職者の転職支援を行いながら、主に教育・社会・日本の若者についての記事を執筆。

ピックアップ記事

  1. 横浜山手西洋館ベーリック・ホール 「ひいなの遊び」20日まで開催
    横浜・山手地区に佇む西洋館の1つ、ベーリック・ホール(横浜市中区)では、ひな祭りにちなんだ装飾を楽し…
  2. 奄美群島国立公園
    鹿児島県の奄美群島が7日、国内で34カ所目の国立公園に新たに指定され、「奄美群島国立公園」が誕生した…
  3. 花粉症の人にはつらい季節がやって来た。ちょうどピークを迎えようとしているスギ、ヒノキ花粉症の人は、日…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る