子どもの読書週間特集〈番外編〉〜世界を感じる絵本〜

こどもの読書週間 番外編

国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田谷区)では「はらぺこあおむし」などカラフルな絵で有名なエリック・カールの作品展示を行っている。子どもの読書週間に、子どもと一緒に絵本の世界に触れてみるのはどうだろう。

絵本で知る世界の国々 IFLAからのおくりもの―国際子ども図書館

同展示会では、世界中の国々(43カ国・地域)の代表的な絵本365冊を直接手に取って読むことができる。これらの本は国際図書館連盟(IFLA)の児童・ヤングアダルト図書館分科会が取り組んでいる「絵本で世界を知ろうプロジェクト」の一環で集めたもの。世界の子どもたちが絵本を通して国際理解を深められるようにと、もともと日本からの提案で始まった同プロジェクトは、各国の図書館員がその国の代表的な絵本を10冊ずつ選んでセットを作り、世界各国で展示するもの。このセットは2組作られ、国際子ども図書館とフランス国立図書館に、それぞれ1セットずつ寄贈されている。

会場は国際子ども図書館レンガ棟3F本のミュージアム。入場は無料で、期間は31日まで。
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2017-01.html

エリック・カール展 絵本とともに、あゆんだ道。

「はらぺこあおむし」を始め、カラフルな作品を世に送り出してきたエリック・カールの世界を、約160点の原画・作品で振り返る展覧会が世田谷美術館で開催中だ。第1部では4つのテーマ「動物たちと自然」「旅」「昔話とファンタジー」「家族」をもって子どもたちの夢や憧れ、日々の生活や発見を紹介している。第2部ではカールの作家としての人生を青少年時代に出会ったフランツ・マルクやアンリ・マティスらの影響、絵本作家レオ・レオニの交流とともに振り返る。

入場はチケット制。期間は7月2日まで。京都、岩手でも開催予定。
http://ericcarle2017-18.com

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

碓井 弓

農学部出身。将来の夢は畑を耕して生きること。 Simple is best がモットー。

ピックアップ記事

  1. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  2. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…
  3. 米株式週報
    アメリカ株式市場で見る世界動向通信 6月19~23日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価(30…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る