日本語教育が必要な子ども、2割に教育行き届かず 文科省調査

日本語教育が必要な子どもに教育生き届かず 文科省調査

文部科学省は13日、「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査」の2016年度の結果を公表した。日本語指導を必要とする児童の母数に対し、特別な指導を受けている児童の割合が8割にとどまり、前回調査からは4ポイント以上減少したことが分かった。

全国の公立小、中、高校、義務教育学校、中等教育学校および特別支援学校に在籍する児童のうち、日本語指導が必要な外国籍の児童は3万4335人で、前回調査を行った2015年の時点から5137人増加した。また、日本国籍ではあるが日本語指導が必要な児童は9612人で、こちらも同1715人の増加となった。このうち、特別に指導を受けている児童は、外国籍で2万6410人の76.9%(前回82.9%)、日本国籍7137人で74.3%(同78.3%)と、どちらも4.0ポイント以上減少している。

日本語指導が必要であるとする判断は各校でされており、「児童生徒の学校生活や学習の様子から判断」する学校が8064校と最も多く、次いで「児童生徒が来日してからの期間」、「日本語能力測定方法により判断」が続いた。

一方、必要だと判断されても指導が行き届いていないという実情も浮かび上がる。日本語指導が必要であるが、学校での特別な指導を受けられていない場合の理由として、「日本語指導を行う指導者がいない」という答えが2491校と最多だった。一方で、次に多かったのが「在籍学級での指導で対応できる」と判断されるケースで1907校に上った。

また、日本語指導が必要な児童生徒の母国語をみると、外国籍ではポルトガル語が25.6%で最も多く、日本国籍ではフィリピノ語が31.6%を占める。都道府県別の在籍状況では、愛知県9275人(外国籍7277人、日本国籍1998人)、その次が神奈川県5149人(同3947人、1202人)と、この2県が群を抜く在籍数となっている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塚越 沙良

横浜市立大学卒業。社会学専攻。キャリアコンサルタントとして求職者の転職支援を行いながら、主に教育・社会・日本の若者についての記事を執筆。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る