感染性胃腸炎が都内で流行 東京都が警報

東京都内でノロウイルスなどの感染性胃腸炎が流行しているとして、東京都が24日、流行警報を出した。手洗いを徹底して感染予防するよう呼びかけている。

現在、警報レベルにあるのは中央区、台東、江東区、品川区、目黒区、大田区、中野区、荒川区、足立、葛飾区、江戸川、八王子市で、発生件数は東東京エリアで特に多くなっている。例年より流行開始が早く、都内で警報レベルに達したのは2013-14年の流行シーズンから3年ぶり。流行初期における発生件数も、都内で流行した12-13、13-14年シーズンと近い伸び率で推移している。

予防するには、一般的な食中毒の予防方法を励行するとともに、ウイルス性のものの場合は手洗いの励行、患者との濃厚接触を避けること。また、いずれの病原体に対しても、集団内や家庭内での二次感染防止策を講じることが重要だ。

なお、集団感染の報告が全国で相次ぎ、東京都以外にも鳥取県など警報や注意報を発令する自治体も増えているため、全国的に注意が必要となっている。

(写真はイメージ)
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

伊汐 美帆子

生命理工学研究科修士課程修了。 4年ほど新聞社に勤務。現在、ライターとして働きつつ、NEWSALT編集を務める。記事もときどき書きます。趣味は、NEWSALTの記事を読むことと、外食等で感動した料理を自宅で再現実験すること。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る