「メイド・イン・ジャーマニー」は高品質イメージ

「メイド・イン・ジャーマニー」」は高品質イメージ

この商品はどこの国で作られているのか?――生産国表記がもたらすイメージを比較した「メイド・イン・カントリー・インデックス2017」によると、ドイツ製品を意味する「メイド・イン・ジャーマニー」に最も高品質イメージがあることが明らかになった。28日付のヴェルト紙が伝えた。

同インデックスは、ドイツの統計サービス・ポータルサイト「スタティスタ(Statista)」によるもの。52カ国4万3000人の消費者を対象に実施した調査で、「デザイン」「オリジナル性」「先端技術」などで高評価を得て、ドイツが1位にランクインした。調査国のうち13カ国が「メイド・イン・ジャーマニー」を1位にしており、ドイツ人自身も自国製品を最も信頼していることが明らかに。一方で、8カ国では米国製品が1位に選ばれている。総合ランキングでは、スイスがドイツに次いで2位。これにEU、英国、スウェーデン、カナダ、イタリアが続いており、日本はフランス、米国と同率の8位だった。

スイス製品は、オリジナル性とステータスシンボルとしてのイメージの強さが高い評価につながった。イタリア製品はデザインと独創性、日本製品は最先端技術、カナダは生産過程の公正さと環境に優しい点が評価されており、一般に定着しているイメージを裏付ける結果となった。

そもそも商品の生産国表記は100年以上前に英国が始めたもので、当時はドイツからの廉価なコピー商品に対抗するためのものだったと言われている。その後、1950年代、60年代の「奇跡の経済復興」を経て「メイド・イン・ジャーマニー」のイメージは大きく変化したと、同記事では締めくくっている。

「メイド・イン・ジャーマニー」」は高品質イメージ

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る