「喫煙かっこいい」イメージ禁止 仏、たばこ名称に規制法 

「喫煙かっこいい」イメージ禁止 仏、たばこ名称に規制法

フランスのマリソル・トゥーレーヌ厚生大臣は1月31日、たばこの商品名に対し規制を厳格化することを発表した。同日に仏ルモンド紙が報じた。

今回規制対象となったのは、ヴォーグ(Vogue)、フィヌ(Fine)、アリュール(Allure)、コルセット(Corset) といったスリムタイプのたばこで、今後これらの商品の販売を継続する場合、商品名の変更が義務付けられる。葉巻や小型葉巻の商品名である、カフェクレーム(Café Crème)、パラディーゾ(Paradiso)、パンシュ(Punch)も同様の理由で禁止対象となる。

今回の新規定は、「たばこはパッケージや商品名において、ダイエット、性的魅力、社会的地位、社会生活、女らしさ、男らしさ、優美さの面で優れているとほのめかしたり、消費者を惑わしたりしてはならない」という欧州連合(EU)基準に則っており、問題となった「ヴォーグ」などスリムタイプのたばこの名称はすべて、ファッション雑誌の名前と同様であることが指摘されている。

また広告文においても、上品さやスリムさを連想させるような表現、「フルーツやミントの風味」、「活力がわく」、「環境に良い」、といった良いイメージをもたらすような文言も今後使用できなくなる。

厚生省は同規制の適用まで、たばこに対しては今後2年、葉巻や小型葉巻に対しては1年の移行期間を設けるとしている。

フランスでは今年1月1日から、すべてのたばこのパッケージの形、色を同一にし、若者がパッケージデザインにつられてたばこを購入することを防ぐプレーン・パッケージ法(paquet neutre)が施行されている。

トゥーレ―ヌ厚生大臣はラジオ放送RTLで「たばこを吸うことはかっこいいと思わせるような商品名はプレーン・パッケージ法の精神に明らかに反する」と述べている。

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

天野 夏海

大学卒業後、渡仏。 働きながらフランスライフをエンジョイ中。 趣味は運動。ヨーロッパの素敵な街並を横目にランニングするのが至福の時間。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る