ご当地自慢を探せ!(8)ドイツ、新タマネギを使ったツヴィーベルクーヘン

ドイツの季節の変わり目は、かなりきっぱりしている。9月に入ると、急にひんやりとした風が吹き始め、あっという間に日が短くなって、夏があっけなく終わる。好天に恵まれれば楽しい季節の秋。しかし筆者が初めてドイツで過ごした秋は、曇天の下、雨風が吹いていることが多い物悲しい日々だった。しかし、秋が「食欲の秋」なのはドイツでも変わらない。天候なんて関係ない、「ツヴィーベルクーヘン」があれば……。

新タマネギの季節におなじみのツヴィーベルクーヘン(Zwiebelkuchen)は、日本語に訳すならばタマネギのケーキという意味。パン生地の上に刻んだ新タマネギをぎっしり敷き詰め、これに生クリームを載せて焼く、ごくシンプルなケーキだ。しかしこのシンプルな組み合わせが絶妙においしく、この時期にパン屋さんでツヴィーベルクーヘンを見かけると、これを一切れ買って昼食を済ませることもしばしばだ。

個人的見解だが、ドイツ料理はシンプルで素朴なものが本当においしいと思う。シンプルで素朴でおいしいものに出会えると、自分の日常生活もいつもよりちょっぴり、魅力的なものに思えてくるから不思議だ。

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

見市 知

ライター、ドイツ在住。著書に『ドイツで100年続くもの』、『ドイツ クリスマスマーケットめぐり』、『ベルリン 東ドイツをたどる旅』(いずれも産業編集センター刊)がある。

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る