イースター前は「ドイツで最も菓子が売れる時期」

イースター前は「ドイツで最も菓子が売れる時期」

ドイツでは4月のイースター前の時期にクリスマス前よりも菓子の売り上げが増加し、1年で「最も菓子が売れる時期」であることが、市場調査研究所ニールゼンの調査で明らかになった。10日付のヴェルト紙が伝えた。

イースターにちなんだ菓子の昨年の売り上げ合計額は4億470万ユーロ(約469億円)で、1人あたり5.60ユーロ(約650円)分の菓子を買っている計算になる。このうち、最も人気の高い菓子は卵型のチョコレートで、これにウサギの形をしたチョコレートが続いている。これらの菓子はディスカウントスーパーで購入されるケースが圧倒的に多く、このうち60%が卵型のチョコレート、32.5%がウサギ型だった。近年ではこれらのチョコレートにも、自然派農法やフェアトレードをうたったもの、動物性脂肪などを一切排したヴィーガン向けのもの、ラクトースフリーやグルテンフリーの健康志向のものなど選択肢が増えている。また、菓子の売り上げには天候が大きく影響しており、寒くて天候が悪い時ほどチョコレートをはじめとする菓子類の売り上げが伸びることが統計で明らかになっている。

イースターとは、キリストの復活を祝うキリスト教の重要な祝日で、今年は4月16日。卵とウサギは「復活」のシンボルとして定着している。かつてイースターのシンボルの動物には、地方によってキツネやニワトリ、コウノトリなどもあったと言われているが、今では全国的にウサギが一般的となっている。この理由には諸説あり、ウサギが春に子どもをつくり多産であることのほかに、もともとゲルマン神話で豊穣を意味する聖なるシンボルだったからとも言われている。

イースター前は「ドイツで最も菓子が売れる時期」

※1ユーロ=116円で換算。(13日時点)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る