ドイツで「マイカー断食」 教会および環境保護団体が呼びかけ

ドイツで「マイカー断食」 協会および環境保護団体が呼びかけ

イースター(復活祭)までの40日間を断食期間とするキリスト教の習慣にちなみ、ドイツで教会および環境保護団体などが「マイカー断食」を呼びかけている。2月28日付の南ドイツ新聞が報じた。

今年のイースターは3月17日だが、キリスト教ではこの日からさかのぼって40日の間、ぜいたくや嗜好品を遠ざけてキリストの苦難をしのぶという「断食」習慣があり、今日でもこれを実践しているキリスト教徒は多い。ドイツではこれにちなんで20年前から、この断食期間に自動車の利用を控える「マイカー断食」がある。これはふだん車を利用している移動の手段を、バス、電車などの交通公共機関や自転車に極力切り替え、マイカー利用を「断食する」ことで環境保護への貢献を実践するというもの。今年はこれを、教会、環境保護団体、緑の党のほか、ドイツ自動車クラブ(ADAC=日本ではJAFに相当)も後援。ドイツ鉄道は、この期間に自家用車利用を控える人たちに対して特別割引の提供を発表した。

ドイツ連邦環境局が2016年末に発表したリポートによると、ドイツの都市部で窒素酸化物などの大気汚染物質が、世界保健機関が定める標準値を超えており、国内では自動車利用の規制に対する意識が改めて高まっている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る