ドイツ・フランクフルト中央駅と東京駅が姉妹駅提携

9月30日、ドイツのフランクフルト中央駅と東京駅が姉妹駅提携を結び、今後ドイツ鉄道(DB)とJR東日本の協力関係を強化していくことをアピールした。

フランクフルト市は欧州中央銀行本部やドイツ銀行本店などが立ち並ぶ、人口70万人の国際金融都市。高速鉄道ICEが発着する中央駅は1888年に開業し、欧州の中でも主要なターミナル駅として機能している。一方、赤レンガの駅舎で有名な東京駅は1914年築開業。首都東京の表玄関の役割を果たすターミナル駅だ。

DBとJR東日本は1992年に提携関係を結んでおり、以来23年間、技術面およびサービス面においても情報交換を行ってきた。今回の、両社を代表する主要駅の姉妹駅提携によって、今後はさらに日独間での人的交流も促進していくとしている。


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 横浜山手西洋館ベーリック・ホール 「ひいなの遊び」20日まで開催
    横浜・山手地区に佇む西洋館の1つ、ベーリック・ホール(横浜市中区)では、ひな祭りにちなんだ装飾を楽し…
  2. 奄美群島国立公園
    鹿児島県の奄美群島が7日、国内で34カ所目の国立公園に新たに指定され、「奄美群島国立公園」が誕生した…
  3. 花粉症の人にはつらい季節がやって来た。ちょうどピークを迎えようとしているスギ、ヒノキ花粉症の人は、日…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る