ドイツ鉄道のドアが発車30秒前に閉まることに

ドイツ人の勤勉実直なイメージとは裏腹に、遅延率が高く、ダイヤどおりに運行しないことが多いドイツ鉄道の長距離列車。その汚名を返上すべく発車前にドアを閉める時間を20秒繰り上げることを決定した。3日付の南ドイツ新聞オンライン版が伝えた。

これまでドイツ鉄道の長距離列車のドアは、発車時間の10秒前に閉まることになっていた。今後はこれを20秒繰り上げて発車時間の30秒前にドアを閉め、確実に時間どおりに発車できるようにするというもの。ドイツ鉄道内の遅延対策プロジェクトがケルン中央駅とハノーバー中央駅で半年間に渡って試み、10月17日からドイツ全国の遠距離列車に対して適用されている。

今後ドイツ鉄道の利用者は、これまでよりも早めに電車に乗り込む心構えが必要となる。ただ、天気がよくても悪くても遅れると言われるドイツ鉄道の遅延率が、これにより改善されることになるのか、その可能性は未知数だ。

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る