フェイスブックが自殺防止のためのAIツールをテスト中

フェイスブックが自殺防止のためのAIツールをテスト中

米国フェイスブックが自殺を防止するために、AI(人工知能)を用いた新しいツールをテスト中であると、英国の科学専門雑誌『ニュー・サイエンティスト(New Scientist)』が1日に報じた。AIによって、自殺の懸念がある人の投稿を特定し、他の人がそれを容易に報告できるようにするというもの。

ファイスブックによると、パターン認識アルゴリズムを用いて、自殺のおそれがありそうな人の投稿を見分け、その友人が警告を発することができるようにする。その際、「自殺および自傷」に関する投稿を報告するためのオプションを使用する。これにより、潜在的に自殺の懸念のある人たちを、よりはっきりと分かるようにする。使用されるアルゴリズムは、これまでに報告された投稿を用いて学習することになる。

また、パターン認識を用いて「自殺思考を含んでいる可能性が非常に高い」投稿を見分けることで、その投稿が報告されていなくても、コミュニティ・オペレーション・チームが行動を起こせるようにする。オペレーション・チームは、その人が助けを必要としているかどうか投稿内容を確認し、必要と判断すれば直接支援を行う。このシステムのテストは現在、米国内の少数のユーザーに対して行われているという。

このツールについて、英国のメンタルヘルスの慈善団体であるマインド(Mind)は、良いアイデアだと述べている。「危険な状態にある人々が、必要な助けを得ることが容易ではない場所にいながらも、助けを求めることができる」という。

また、同じくメンタルヘルスの慈善団体であるSANEも自殺の危険がある人を特定し、サポートするための新しいオンラインツールを歓迎している。「しかし、これは人が関わることの代わりをするものではない」と言い、「必要なのは、時間、忍耐そして、人が最も深い暗闇の時間を過ごしているときに、それをサポートする人の思いやりだ」としている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

三田 よしみ

大学院機械工学系専攻修了後、アメリカ系外資企業を渡り歩き、現在も外資勤め。最近は運動不足解消に取り組んでいる。

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る