独バイエルン州で初めて中国語が大学入試科目に

ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に

ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘンの高校で筆記試験が実施された。8日付の南ドイツ新聞オンライン版が報じた。

中国語の筆記試験が実施されたのはミュンヘンのザンクト・アンナ高校で、同校の7人の生徒がこれを受験した。中国語はすでに、ベルリン州およびバーデン=ヴュルテンベルク州でもアビトゥーア科目に採用されているが、バイエルン州では今回が初めて。

試験が実施されたザンクト・アンナ高校は、中国が文化大革命の渦中にあった50年前から中国語を選択科目として採用しており、長年に渡って中国との友好関係を築いてきた。今回、中国語のアビトゥーアを受験した7人の生徒は週4時間の授業を5年間受講、中国および台湾への交換留学も経験したという。現在、校長を務めるアンゲリカ・ラウマーさんは同校の卒業生で、「高校時代、中国語でなくタイプライターの授業を選択したことを後悔しています」と話す。

近年ドイツでは政治経済において中国との関係が強まっており、中国語習得は将来の就職に大きなメリットをもたらすとして注目を集めている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る