多様なアメリカの名字 1位スミスも人口の1%未満

多様なアメリカの名字 1位スミスも人口の1%未満

名字・名前情報のシステムなどを手がけるリクルーティングスタジオ(千葉県市川市)は4日、同社が運営するサイト「名字由来net」で、米国に多い名字のランキングを発表した。1位はスミス(Smith)となったが、米国内でおよそ237万6000人で、全人口の0.88%。米国の名字が多様性に富んでいることが分かった。2位はジョンソン(Johnson)でおよそ185万7000人、3位はウィリアムズ(Williams)でおよそ153万4000人だった。

同ランキングでは100位まで発表している。トップ10は以下の通り。

 
多様なアメリカの名字 1位スミスも人口の1%未満

同調査は、米国商務省国勢調査局のデータをもとに同サイト独自に調査、集計したもの。同サイトでは他に中国、韓国、ドイツ、ロシアなど10カ国の名字ランキングを既に発表している。

なお、同サイトによる日本の名字ランキングでは、1位の「佐藤」は189万3000人で、日本の人口(※)の約1.5%である。これと比較しても、米国の名字の多様性が伺える。

※総務省統計局によると、2016年1月1日現在の日本人口概算値は1億2682万人。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!


平井 明

投稿者プロフィール

1989年生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院人文社会系研究科修士課程修了。2015年、NEWSALT創業時に入社。豊富な海外経験、世界の政治・文化・歴史に関する見識と、語学力を活かし、主に日本人には縁が遠いような世界の動向について、「読んで希望を持てる記事」をモットーに執筆を続ける。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. いすみ鉄道~「ローカル線療法」の旅~(3)
    ローカル線「いすみ鉄道」の旅は続く。 前回、大多喜駅で対面した2両編成の「気動車」は、終点の上…
  2. 【特集】「熊本地震」被災日記(6)
    物流やインフラは徐々に復旧し、熊本の人々は次第に元の生活を取り戻しつつあった。それにともなって避難所…
  3. 日本の温室効果ガス排出量、5年ぶり減少

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る