親日度 ベトナム、フィリピン、タイが同率1位 電通調査

親日度 ベトナム、フィリピン、タイが同率1位 電通調査

電通は17日、20カ国・地域の親日度などに関する「ジャパンブランド調査2017」の結果を発表した。親日度はベトナム、フィリピン、タイの3カ国が同率で1位となった。訪日意向は1位フィリピン、2位ベトナム、3位がタイ。特にベトナムでは13ポイント増と、昨年からの上昇が大きかった。

親日度は、「日本のことが好きですか?」という質問に対する5段階の評価で測ったところ、全体で昨年より1.3ポイント増の82.8%となり、昨年の1~3位が同率に並んだ形となった。2014年と2015年に連続1位だったベトナムは、今回再びトップになった。

行きたい都道府県は、1位が例年同様の東京都、2位以下は順に京都府、大阪府、北海道、沖縄県。昨年まで東京以外の都道府県の人気が高まっていたが、今年は東京が巻き返した。

日本でやりたい旅のスタイルは、「主要な観光スポットを周遊したい」、「家族・友人・知人と体験を通じて思い出を作りたい」、「日本人の間で流行っていることを真似してみたい」の順に多かった。

親日度(「日本のことが好きですか?」に対する5段階回答の平均値)
トップ10(かっこ内は前年の順位、トップ10まで)
1位(同率) タイ(1位)
 ベトナム(2位)
 フィリピン(3位)
4位 香港(6位)
5位 台湾(7位)
6位 マレーシア(5位)
7位 インドネシア(9位)
8位 ロシア(ランク外) 
9位 インド(8位)
10位 シンガポール(4位)

訪日意向 トップ5
1位 フィリピン
2位 ベトナム
3位 タイ
4位 マレーシア
5位 シンガポール

対象国・地域は中国、香港、台湾、韓国、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア。各国在住の20~59歳の男女、合計4400人に対しインターネット調査から回答を得た。回答期間は2月13日~3月10日。

(写真はイメージ)

参考記事
親日度、タイがベトナムを抜いて1位 日本の地方人気が加速(2016/07/28)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

平井 明

1989年生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院人文社会系研究科修士課程修了。2015年、NEWSALT創業時に入社。豊富な海外経験、世界の政治・文化・歴史に関する見識と、語学力を活かし、主に日本人には縁が遠いような世界の動向について、「読んで希望を持てる記事」をモットーに執筆を続ける。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る