親日度 ベトナム、フィリピン、タイが同率1位 電通調査

親日度 ベトナム、フィリピン、タイが同率1位 電通調査

電通は17日、20カ国・地域の親日度などに関する「ジャパンブランド調査2017」の結果を発表した。親日度はベトナム、フィリピン、タイの3カ国が同率で1位となった。訪日意向は1位フィリピン、2位ベトナム、3位がタイ。特にベトナムでは13ポイント増と、昨年からの上昇が大きかった。

親日度は、「日本のことが好きですか?」という質問に対する5段階の評価で測ったところ、全体で昨年より1.3ポイント増の82.8%となり、昨年の1~3位が同率に並んだ形となった。2014年と2015年に連続1位だったベトナムは、今回再びトップになった。

行きたい都道府県は、1位が例年同様の東京都、2位以下は順に京都府、大阪府、北海道、沖縄県。昨年まで東京以外の都道府県の人気が高まっていたが、今年は東京が巻き返した。

日本でやりたい旅のスタイルは、「主要な観光スポットを周遊したい」、「家族・友人・知人と体験を通じて思い出を作りたい」、「日本人の間で流行っていることを真似してみたい」の順に多かった。

親日度(「日本のことが好きですか?」に対する5段階回答の平均値)
トップ10(かっこ内は前年の順位、トップ10まで)
1位(同率) タイ(1位)
 ベトナム(2位)
 フィリピン(3位)
4位 香港(6位)
5位 台湾(7位)
6位 マレーシア(5位)
7位 インドネシア(9位)
8位 ロシア(ランク外) 
9位 インド(8位)
10位 シンガポール(4位)

訪日意向 トップ5
1位 フィリピン
2位 ベトナム
3位 タイ
4位 マレーシア
5位 シンガポール

対象国・地域は中国、香港、台湾、韓国、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア。各国在住の20~59歳の男女、合計4400人に対しインターネット調査から回答を得た。回答期間は2月13日~3月10日。

(写真はイメージ)

参考記事
親日度、タイがベトナムを抜いて1位 日本の地方人気が加速(2016/07/28)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

平井 明

1989年生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院人文社会系研究科修士課程修了。2015年、NEWSALT創業時に入社。豊富な海外経験、世界の政治・文化・歴史に関する見識と、語学力を活かし、主に日本人には縁が遠いような世界の動向について、「読んで希望を持てる記事」をモットーに執筆を続ける。

ピックアップ記事

  1. 6月23日は「沖縄慰霊の日」
    沖縄には、8月15日とは別の終戦記念日がある。「沖縄慰霊の日」。 6月23日は沖縄で、第2次世…
  2. NASAが新たに10個の地球型の系外惑星を発表。小さな惑星に2グループの存在を発見
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡チームは20日、219個の新しい惑星候補を見つけたと発表…
  3. 強制移住者の数が過去最高に 国連世界難民の日
    6月20日の世界難民の日に合わせて国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、「世界における強制移住の…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る