身体を動かして支援、ユニセフがオリンピックに合わせキャンペーン

ブラジルでのオリンピック開催に合わせ、ユニセフ(国連児童基金)は3日、5kmのウォーキングまたはランニングをすると子どもたちへの支援活動に寄付ができるキャンペーン「Team UNICEF Get Active for Children」を開始した。

ユニセフが実施する子どもたちへの支援活動に、身体を動かすことで参加できる取り組みがスタート。期間中、ウォーキングやランニングあるいは車いすで5kmの道のりを走行すると、5レアル(約160円)が協力企業からユニセフに寄付される。

キャンペーンへの参加登録(https://teamunicef.org)と距離の記録をするためのランニングアプリがあれば、誰でも参加することができる。キャンペーンの期間は8月3日から9月18日まで。

「すべての人がスポーツ精神を持ち、このキャンペーンが世界の最も弱い立場に置かれている子どもたちへの支援につながることを願っています」とユニセフ・ブラジル事務所代表ゲイリー・スタール氏は話している。

3日から始まったこのキャンペーンは、7日時点で5300人以上が登録し、これまでの寄付金額は8215レアル(約26万4000円)になっている。

※1レアル=32.15円で換算(7日時点)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

前野 美月

東京工業大学卒。データ解析。Macbook Airと無印のノートをいつも持ち歩く。気分転換は料理、スポーツ、銭湯に行くこと。

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る