過去10年で、たばこ消費量が大きく減少 ドイツ

過去10年でドイツのたばこ消費量が減少

ドイツでは、非喫煙者保護法の施行により2007年以降、公共の場所での喫煙が著しく制限されるようになった。以来、過去10年でドイツ人のたばこ消費量が大きく減少していることを26日付の南ドイツ新聞オンライン版が報じた。

「店内での喫煙が禁止されたら、飲み屋は存続できなくなる」--非喫煙者保護法の適用を受けて、そのような懸念がささやかれたが、10年経った今も多くの飲み屋は存続している。逆に、喫煙者の数が減っていることが連邦健康啓蒙センター(BZgA)の発表で明らかになった。特に12~25歳までの若年層で、4人に3人はまったくたばこを吸ったことがなく、BZgAのマリータ・フェルカー=アルベルト氏は、「成年に達するまでに喫煙経験がない人は、その後もたばこを吸うことはない」と、この統計を肯定的に評価している。

過去1世紀にわたってドイツにおけるたばこの歴史を振り返ると、1900年代初頭はたばこや葉巻、そしてパイプは上流階級の嗜好品で、男性だけがたしなむものとされていた。その後、第1次世界大戦を経てたばこは民主化され、戦後は女性解放運動と結びついて多くの女性がたばこを吸うようになった。喫煙規制の存在しなかった1970年代および80年代は、人口比でドイツ人1人につき年間2000本、1日に5本のたばこが消費されていたという。これが2016年の時点では、1人平均1日2本半にまで減少している。この理由として南ドイツ新聞は、以下の3つの要因を挙げている。

【禁止措置】多くの飲食店や公共の場での喫煙が禁止され、たばこの広告を厳しく規制。
【予防活動】喫煙の害について、学校での早期教育を徹底。
【購入に対する障壁】自動販売機でたばこを購入する場合、年齢の提示を求められるようになったこと。たばこの値段がかつてに比べて高額になったこと。

またBZgAは、喫煙者が大学生よりも失業者や職業訓練生に多いことから、近年ではたばこが低学歴者や社会的弱者の嗜好品として認識されつつあると指摘している。

ドイツ国内の地域別では、最も喫煙者率が高い州がベルリン州で35.1%、最も少ない州が南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州で26.9%だという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る