EUの若者が将来の経済状態に悲観的

EUの若者が将来の経済状態に悲観的

「親の代に比べて、将来の経済状態は悪くなる」
EU主要加盟国の若者の大多数が、将来の経済状態について悲観的見解を持っていることが、ユーガブの世論調査で明らかになった。5日付のヴェルト紙が伝えた。

同調査は、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、ポーランド、ギリシャで16~26歳の若者に対してアンケートを実施したもの。中でもギリシャの若者の82%が「自分たちは両親の代の豊かさを超えられないだろう」と回答。「両親の代よりも経済状態が良くなる」と回答したのはわずか12%だった。このような悲観的傾向は調査対象となった7カ国でほぼ共通しており、唯一ポーランドだけで楽観的傾向が強く、全体の47%が「将来は良くなる」と回答。「将来は悪くなる」と答えたのは27%だった。

ちなみにEUにおける若年失業率は平均17.2%だが、ギリシャでは15~24歳の若者の48%が失業状態にある。これに次いで多いのがスペインで40.5%、イタリアでは34.1%、ドイツでは大きく下がって6.7%となっている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る