EUの若者が将来の経済状態に悲観的

EUの若者が将来の経済状態に悲観的

「親の代に比べて、将来の経済状態は悪くなる」
EU主要加盟国の若者の大多数が、将来の経済状態について悲観的見解を持っていることが、ユーガブの世論調査で明らかになった。5日付のヴェルト紙が伝えた。

同調査は、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、ポーランド、ギリシャで16~26歳の若者に対してアンケートを実施したもの。中でもギリシャの若者の82%が「自分たちは両親の代の豊かさを超えられないだろう」と回答。「両親の代よりも経済状態が良くなる」と回答したのはわずか12%だった。このような悲観的傾向は調査対象となった7カ国でほぼ共通しており、唯一ポーランドだけで楽観的傾向が強く、全体の47%が「将来は良くなる」と回答。「将来は悪くなる」と答えたのは27%だった。

ちなみにEUにおける若年失業率は平均17.2%だが、ギリシャでは15~24歳の若者の48%が失業状態にある。これに次いで多いのがスペインで40.5%、イタリアでは34.1%、ドイツでは大きく下がって6.7%となっている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…
  2. 「熱中症」知って防ぐ 各機関が情報サイト
    5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏。関東ではすでに半袖がちょうどよい日も増えてきた。これからの季節に気…
  3. 「Windows Defender」などに脆弱性、更新プログラムを緊急公開
    マイクロソフト社は9日、同社のマルウェア対策製品で使用されているエンジンに見つかった脆弱(ぜいじゃく…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る