SNS上の憎悪表現、24時間以内に60%削除 EU域内

EUでSNS上の憎悪表現対応

憎悪表現などSNS上の問題表現に対して、欧州連合(EU)域内では10件に6件が、通報があってから24時間以内に削除されていることが明らかになった。1日付の独ヴェルト紙が伝えた。

欧州委員会は2016年、フェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、マイクロソフトとの合意で、SNS上の問題表現に対する取り締まり基準を設置。憎悪表現や暴力的・扇動的表現に対して、SNS運営者側が迅速に対応することを求めている。24時間以内に削除されなかったケースでは、残りの20%は48時間以内に、15%は1週間以内に削除されており、13%にはさらに長い時間がかかっているという。

通報に対して削除されるSNS別の割合は、フェイスブックでは3分の2、ツイッターでは37.5%、ユーチューブでは66%となっている。昨年12月に実施された同様の調査では、フェイスブックが30%、ツイッターが20%、ユーチューブが50%だった。EU法律委員会は、問題表現への対応が向上していることを評価、「続けてネット上の暴力に苦しむ人たちをサポートしていきたい」とコメントしている。

一方、SNS上の問題表現取り締まりに対しては、「表現の自由を侵害する恐れがある」とする反対意見も根強く、SNS運営者側に削除判断が委ねられていることが問題視されている。フェイスブックでは1週間に650万件の問題表現に対する通報が寄せられており、英ガーディアン紙はこれに対し、チェック部門担当者の判断時間が1件につき10秒しかないと問題点を指摘。マーク・ザッカーバーグCEOは5月、チェック部門の担当者の数を、これまでの4500人から7500人に増員すると発表している。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

塩野 輝美

翻訳者、ライター。ドイツ在住。ドイツの生活と文化、歴史と社会制度のつながりをウォッチしています。

ピックアップ記事

  1. バリアフリー法見直しへ 2020年に向け国交省が方針
    国土交通省は27日、バリアフリー法・関連施策の見直しの方向性を公表した。2020年東京五輪・パラリン…
  2. 夏は隣人トラブルの季節――バルコニーの使い方に注意 ドイツ
    ドイツ人の多くは、夏はより多くの時間を屋外で過ごすことを好む。自宅住居のバルコニー使用頻度が上がる季…
  3. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る